野菜はビタミンやミネラルがいっぱい入った天然の美容食材。お肌の外側からのスキンケアも大切ですが、毎日野菜を食べれば、内側からウルツヤ美肌になることができます。ここでは美肌を作るためにおススメしたい野菜と栄養素をご紹介します。

美白効果だけじゃないビタミンCの働き

日焼けはシミやシワの原因になりますが、ビタミンCは抗酸化力が強く、メラニンの生成を抑える働きがあります。美白効果はもちろんお肌の老化も防ぐので、アンチエイジングには絶対摂りたい栄養素。ビタミンCは体内で生成できないので、食べ物から摂る必要があります。ビタミンCが豊富な野菜はピーマンやブロッコリー、ジャガイモなど。ビタミンCにはお肌のハリを保つコラーゲンの生成を助ける働きもありますが、鉄分が不足しているとコラーゲンの生成が妨げられるので、鉄分不足にも注意が必要です。

ウルウルのお肌は血行を促進するビタミンEで

ビタミンEも抗酸化力の強い栄養素で、老化の原因となる活性酸素からお肌を守る働きがあります。ビタミンEには、血流を促進しる働きもあるので、毎日摂取することで、体の末端まで血液に運ばれた栄養がいきわたりウルウルのお肌になることができます。ビタミンEを多く含む野菜は、カボチャやモロヘイヤなど。アーモンドやクルミなどのナッツ類にも多く含まれます。

しっとりとしたお肌を守るビタミンAの働き

ビタミンAには免疫力をアップして、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあります。ビタミンAが不足すると皮膚や粘膜が固くなってしまいます。免疫力も下がって風邪をひきやすくなったりしますが、お肌もカサカサになってしまいます。しっとりとしたお肌を保つには、ビタミンAが多く含まれているニンジンやカボチャ、シソなどをたくさん食べるようにしましょう。ニンジンに含まれる栄養素はβカロテンですが、体内でビタミンAに変化して同じ働きをします。

みずみずしいお肌を保つビタミンは、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンAの3つです。これらのビタミンが含まれる野菜を毎日の食事に取り入れることで、内側から輝く美肌を保つことができます。栄養素はいろいろな種類のものが補い合って働くという面もあるので、これ以外のビタミンも積極的に食べるようにするといいですよ。


writer:岩田かほり