2015年のMotoGP年間総合優勝は、ホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が獲得した。

 ロレンソは、チャンピオンシップを争うチームメイトのバレンティーノ・ロッシから7点ビハインドという状態で最終戦バレンシアGPを迎えたが、土曜の予選ではサーキットの最速周回記録を塗り替える速さでポールポジションを獲得。日曜午後2時にスタートした決勝レースでも、レース中の最速ラップタイムを更新する速さで一度も前を譲らず30周を走りきって、今季7勝目を挙げた。終わってみれば総レースタイム記録を約11秒も上回っており、今回のレースウィークでロレンソが誰よりも速かったことは、これらの各種記録更新がなによりも雄弁に物語っている。

 シーズンを通じてチャンピオンシップをリードし続けたロッシは、今回のレースをグリッド最後尾の9列目26番手からスタートした。前戦マレーシアGPでレース中にマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)と接触し、転倒を生じさせたことに対するペナルティを受け、その結果、この位置からレースを迎えることになった。

 優勝で25ポイント、2位は20P、3位16P、4位13P、5位11P、6位10P......というMotoGPのポイント制度を見ても、最後尾スタートのロッシがロレンソに対し、1ポイント以上の優位を保つ結果を獲得するのは至難の業(わざ)だ。予選でロレンソが記録破りの速さを披露してポールポジションに就いた事実を考慮すれば、レース前のロッシが「状況はほぼ絶望的」と語ったのも、当然ではあっただろう。

 だが、チャンピオン獲得に執念を燃やす36歳のロッシは、この位置から目の覚めるような追い上げを見せた。1周目で15番手、2周目に12番手、5周目には8番手......と猛烈なオーバーテイクを続け、レースが半ば近くに差し掛かった13周目には、ついに4番手へと浮上した。しかし、このときすでにトップグループは遠く離れており、先頭のロレンソ、2番手のマルケス、3番手のダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)の集団まで13秒の差が開いていた。

 1分31秒台を連発して周回し続けるロレンソに対し、ロッシのペースは1分32秒台であったため、彼らとの差を詰めることはできず、むしろギャップはじわじわと広がっていく一方だった。トップグループは、総レース時間記録を更新してチェッカーフラッグを受けたロレンソから0.263秒の僅差でマルケス、さらに0.391秒後にペドロサがゴールする緊迫した争いだったが、ロッシはこのトップ集団の19秒後に単独でコントロールラインを通過し、4位のチェッカーフラッグを受けた。ロッシは13ポイントの獲得で、ロレンソが25ポイントを加算したことにより、ロレンソが5ポイント上回って最終戦でランキングを逆転。2010年と2012年に続き、自身3回目となる最高峰クラスのチャンピオンを獲得した。

「今日は1周目の1コーナーから緊張感とプレッシャーがすごく大きかった。全周回のうち、半分くらいはピットレーンのサインボードを見ることができず、バレンティーノが4番手にいると想定して全力で攻め続けた。最終ラップの最終コーナーを立ち上がってチェッカーフラッグを見たときに、やっと息をつくことができた。スペイン国旗が見えたときは感無量で、普通は泣かないけれども、今日はちょっとこらえきれなかった」

 そう話しながら、ロレンソは上気した表情に少しはにかんだ笑みを見せた。

 今回の第18戦でロレンソは、予選から決勝レースまで一貫して誰よりもぬきんでた速さを発揮してきた。年間ランキングは開幕戦から第17戦までロッシがリードしたが、その差をじわじわと詰め、ついに最終戦で逆転を果たした力強さは充分に納得できる走りだった。

 一方のロッシも、最後の最後にランキングを逆転されてしまったものの、最後尾スタートから表彰台寸前の4位まで追い上げたパフォーマンスは、さすがというほかない。36歳という年齢を感じさせない集中力と技術、体力、そしてタイトル獲得への執念は、ロッシならではのものだろう。

 だが、125ccクラス時代から数えて通算10回目の総合優勝を逃したことがよほどつらく悔しかったのか、決勝レース後の定例囲み会見でロッシは、鬱積(うっせき)した不満を一気に吐き出した。

「マルケスがロレンソの王座を守るため、ボディガードのような走りをしていた」と、舌鋒(ぜっぽう)鋭く糾弾したのだ。

 ロッシはマルケスに対して、第16戦・オーストラリアGPでの走りがロレンソに対する援護射撃だったと、第17戦・マレーシアGPのレースウィーク前に非難しており、その際にまかれた火種が第17戦の決勝レース中の「両選手の接触」という事態に発展した。今回の第18戦での最後尾スタートは、この第17戦でのアクシデントのペナルティで、ロッシにしてみれば、すべてマルケスの狙った筋書きどおりに事が運んできた、という憤懣(ふんまん)やるかたない思いがある。

「今日のレースには戸惑うばかりだ。このスポーツのためにも良くないと思う」とロッシに非難されていることを聞いたマルケスは、「もし、自分がロレンソを守るつもりなら、リスクを賭けて彼を追いかけることなんてせず、5秒くらい後ろで安全に走ることもできていた」と、ロッシの猜疑心を言下に否定した。

 第18戦のロレンソとロッシはともに素晴らしい走りで、両選手が全力を絞り尽くして戦い抜いたことは誰の目にも明らかだ。だが、チャンピオン争いの雌雄が決したあとにも、この奇妙な場外乱闘の影響は、しばらく後を引きそうな気配だ。

 ちなみに、ロッシが疑惑の目を向けるレース終盤の展開だが、マルケスがロレンソを追い抜いてマルケス1位、ロレンソ2位で終えていた場合、ロレンソとロッシのポイントはともに325ポイントで並んでいた計算だ。だが、その場合でも、総勝利数はロレンソ「6」、ロッシ「4」となるため、いずれにせよロレンソの年間総合優勝は揺るがなかったことになる。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira