MakeUseOf:Windows 10の登場から数カ月がたち、騒ぎは落ち着きつつあります。いささか不安な発進ではありましたが、さまざまな面でWindows 10には愛される理由があることがわかってきました。まさに、これこそがOSの王者だと思います(もちろん、まだまだ改良の余地はありますが)。

しかし、あまりにも変わりすぎ、今までとは勝手が違いすぎるがために、多くの人々が混乱しているのも事実です。たくさんのうわさや迷信が出回り、真偽が見分けにくくなっています。そこで、今回はこうした誤解をきれいさっぱり解いてみたいと思います。

1. 無料アップグレードは期間限定


当初、MicrosoftがWindows 10について、Windows 7、Windows 8.1のユーザーは無料アップグレードできると発表したとき、世界中の人々は歓喜に沸きました。しかし、興奮が冷めると今度は、この耳寄りな話にケチをつけ出したのです。

いろいろな点で、できすぎなので信じられなかったのでしょう。Microsoftは目玉商品を大盤振る舞いしてしまったということもあり、結果的にソフトウェア界の最大手にはなっていません。そのため人々は、Windows 10は2016年7月までの「アップグレード期間」のみ無料なのだという、誤った情報に飛びついてしまったのです。

しかし、Windows公式ブログには次のように書かれています。

(前略)Windows 7、Windows 8.1およびWindows Phone 8.1を使用しているお客さまが、Windows 10の発売後1年以内であれば、Windows 10への無償アップグレードをご利用になれます。

つまり、これは一時的なアップグレードではありません。WindowsのデバイスをひとたびWindows 10にアップグレードすれば、そのデバイスの保証期間内はずっと最新の状態が保たれるのです。料金はかかりません。


2. Windows 10には使用料が必要


無償アップグレード期間の終了が近づくと、ユーザーはWindows 10の追加ライセンス料を支払わなければならなくなるでしょう。

誤解しないでください。すでにWindows 10がインストールされているPCは、すべてそのままWindows 10を使い続けることができ、更新にも追加料金はかかりません。しかし、そうでないPCには、2016年7月以降「無償アップグレード」という選択肢はなくなります。

そうなったとき、Windows 10にはいくらかかるのでしょう?

Microsoftは公式OS価格を発表し、Windows 10 Proが199ドル(約2万円)、Windows 10 Homeが119ドル(約1万5000円)であることが確かになりました。いずれも量販店やオンラインストアで入手可能です。

単純なことなのですが、不確実な情報のおかげで、Windows 10には使用料が必要であるかのような印象が、多くの人々に植え付けられてしまいました。これはまったく事実に反することです。

確かに、Microsoftは今後、新たな収益モデルを模索していくとは思いますが、安心してください。Windows 10は安全です。


3. プリインストール・アプリは削除できない


Windows 10にはブロートウェア(不要なプリインストール・アプリ)がついてきます。正直、これは特に驚くようなことではありません。残念ながら、ブロートウェアは厄介なものではありますが、よくある話です。これらブロートウェアはアプリ一覧画面に表示されないため、削除できないと考える人もいるようです。

ちゃんとできますよ!

Windows 10のブロートウェアを削除する方法は2つあります。有名な方法だと、スタートメニューで削除したいアプリを右クリックし、アンインストールを選択します。これは簡単なやり方ですが、複数のブロートウェアをアンインストールしたい場合には少々時間がかかります。

もう1つの方法は、PowerSellコマンドを使って手早くプリインストールアプリを削除するというものです。私の知る限り、問題が起こったことはありませんが、この方法は自己責任で行ってください。


4. 32bit/64bitに


なんだかんだで、多くの人々が64bit版のマシンで32bit版のWindows 7やWindows 8.1を使ってきました。もしかしたら、あなたもその1人ではありませんか? 以前は32bitから64bitに変更したい場合、すべてを完全に消去し再インストールしなければなりませんでした。

Windos 10でもこの制約は同じだと思っているユーザーが少なくないようですが、そんなことはありません。もちろん、ボタンを一度クリックするだけで済むほど簡単ではありませんが、以前よりも確実に安全かつ簡単にできるようになっています。しかも、この作業でデータを失うことはありません。


5. Microsoftアカウントを使わなければならない


MicrosoftがWindows 8の呼び物として「Microsoftアカウントに登録しよう」と発表したとき、人々は怒り狂いました。GoogleとGoogle Plusのように、同社がユーザーにログインシステムを強要しようとしているのではないかと思ったのです。

そしてログイン画面を見て、多くの人々が、Windows 10のログインにはMicrosoftアカウントが必要なのだと思い込みました。

しかし実際には、新しいアカウントを作るというリンクをクリックすると、Microsoftアカウントを使わずにサインインするというオプションを、選択することができます。


6. 自動更新は無効化できる


Windows Updateが、現在は強制的かつ自動的に行われるようになっていることについては、Windows 10の新機能の中でも、もっとも意見が割れるところです。Windowsの旧バージョンは、ユーザーがWindows Updateを無効化することができましたが、そうすることによってセキュリティホールに対し脆弱になるという問題がありました。

問題を起こしたドライバアップデートを一時的に更新されないようにするという例外はありますが、Windows 10 Homeでは自動更新を無効化することができません。新機能やセキュリティパッチが強制的に適用されるのです。Microsoftが今後この方針を撤回するかどうかはわかりませんが、これが現状です。

ただし、Windows 10 Proは自動更新を無効にすることができます。HomeからProへのアップグレードには100ドル(約1万2000円)かかりますが、このはうわさ半分は本当だということになります。


7. Wi-Fiセンサーでパスワードが漏えいする


インターネット関連で新たな変更が行われたことが注目され、セキュリティおよびプライバシー関連のうわさがたくさん出回っています。P2Pアップデートも問題の1つですが、特筆すべきものはWi-Fiセンサーです。

つまり、あなたのWi-Fiパスワードを知らない友人も、Wi-FiセンサーであなたのWi-Fiネットワークに接続できるようになります。信じられないほど不安なことのように思えますか? ご安心ください。大丈夫です。

要するに、Wi-Fiセンサーは大きなセキュリティリスクにはならないというだけのことです。アクセスに必要なものとしてパスワードではなくトークンを使っていますし、アクセスするのはインターネットのみで、ネットワーク上のファイルやデバイスにはアクセスしません。したがって、たとえ第三者に侵入されたとしても、侵入者には何もできません。話が誇張されすぎているのです。


7 False Claims About Windows 10 and the Truths Revealed|MakeUseOf

Joel Lee(訳:コニャック)
T.Dallas / Shutterstock.com