来季のシニアツアーの新規トーナメントが決定(撮影:ALBA)

写真拡大

 日本プロゴルフ協会(PGA)は、来季から国内シニアツアーで「ノジマチャンピオンカップ箱根シニアプロゴルフトーナメント」を新規開催することを発表した。出場選手は60名で、開催期間は4月22日(金)23日(土)の2日間。会場は神奈川県にある箱根カントリー倶楽部となる。

 スポンサーとなる株式会社ノジマは、神奈川県を中心に展開する家電販売店チェーン。スポーツ界では地元・神奈川の横浜ベイスターズや、アメリカンフットボールXリーグのノジマ相模原ライズなどのスポンサーを務めており、2012年には女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原を設立している。
 今大会は新たな取り組みとして、関係者とプロが触れ合う機会となるプロアマトーナメントを2度開催する。まず、60名の出場選手中30名が木曜日のプロアマに出場。2日間の本戦を挟んで、日曜日に残りの30名でプロアマを実施。これには株式会社ノジマの野島廣司社長の意向も含んでおり、夫婦で招待するプランもあるという。
 倉本昌弘PGA会長は「チャンピオンズツアーではこういったプロアマも多く、PGAとしてはフレキシブルに対応していきたい」とコメントした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【シニア】2年ぶりに優勝の渡辺司、師・青木への感謝
【シニア】“シニアの星”崎山のブレイク要因!“どんぐりの背比べ”からの脱却
【国内男子】「ヨーロッパで活躍したい」片岡大育が欧州ツアー最終予選会に出発
【Gボイス】岩田寛、日本オープンなどJGA主催競技出場停止!どう思う?
【ギア】“秋の新作モデル”ツアープロの投入状況は?