インテルで調子を上げる長友。その好調を日本代表にも持ち込みたい。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 12日にシンガポール、17日にカンボジアと対戦する11月シリーズの連戦では、当然ながら勝点6の獲得が大前提だ。格下相手にしっかり勝ち切り、1試合多く消化してグループトップに立つシリアを再び抜き去ることが最低限のミッションとなる。
 
 前回対戦でシンガポールに引き分け、カンボジア戦ではそのシンガポールですら4点を奪った相手に3ゴールしか決められなかった。とはいえ、前回は2戦とも終始日本が主導権を握る一方的な内容で、ピンチらしいピンチは招いていない。実力差を考えれば、今回も相手は引いて守備を固めてくるはずで、試合展開はそれほど変わらないだろう。
 
 であれば当然、焦点は攻撃に移る。そのうえで重要な鍵を握るのが、ハリルホジッチ監督がメンバー発表の場で何度も繰り返した「サイドからのセンタリング」だ。多くの選手が下がってブロックを敷く相手には、サイドからの仕掛けが崩しの定石となる。

 ただ日本はどうしても攻撃が中央に偏り、手詰まりになりがち。実際にカンボジアとの前回対戦後、本田は「チャンスの作り方が上手くない」と振り返っている。また、今回はアウェーの芝が日本代表のパスワークを狂わせる可能性も否定できない。
 
 指揮官が就任当初から標榜する「縦に速い攻撃」もカウンター時こそ有効だが、自陣ゴール前に多くの人数を割く守備的なチームには効果が発揮されにくい。そうなると、サイドを使った“遅攻”を磨く必要がある。
 
 現状では、サイドからの攻撃、特にSBを絡めた崩しに課題を抱えているのは明らかで、たとえSBが高い位置でボールを受けても、大雑把に上げる精度の低いクロスやバックパスなど消極的な選択が目に付く。シリア戦では香川のクロスに岡崎が合わせてサイドを起点にゴールを挙げてもいるが、長友、酒井宏、酒井高、米倉といったSBがゴールに絡む機会はほとんどないと言っていい。
 
 ハリルホジッチ監督が、「現代サッカーでは、左SBのセンタリングから右SBが決めることがある」とシンガポール対カタールの親善試合を例に挙げて強調するように、SBが「相手の(ゴール付近)16メートル」(ハリルホジッチ監督)に入り込み、崩しのバリエーションを広げられるかは大きな見どころ。インテルで復調の気配を見せる長友、指揮官が名指しで「興味深い選手になるかもしれない」とする藤春らの積極性に期待したい。
 
 また、彼らのクロスを決め切るフィニシャー、サイドで数的優位を作ってクロスまでの道のりをともに描く両ウイングとの連係も、同時に見定めたいポイントだ。
 シンガポール戦とカンボジア戦に限らず、ここまでの日本代表はボールを保持できても攻撃の効率が悪かった。本田、香川、岡崎といったアジア屈指の攻撃的タレントを並べながら、今予選はこれまで12ゴール。同組のシリアが奪った18ゴールと比べると(シリアは1試合多く消化しているが)、6点も少ない計算だ。
 
 ハリルホジッチ監督はシンガポール戦を睨み、「我々自身のリベンジだ」と言い切った。前回のドローを「まだ飲み込めていない」(ハリルホジッチ監督)にとっては、是が非でも相手を崩して大量得点を挙げ、トラウマを払拭したいところだろう。
 
 そこでサイドアタックと並行して考慮したいのが、前線のリフレッシュだ。これまでの2次予選では前線のメンバーをほぼ固定して戦っているが、現状で上手く噛み合っているとは言い難い。ならば思い切って、いくつかのポジションで新顔を起用するのも一手だ。
 
 もちろん、今まで通りの組み合わせで連係向上を突き詰めるのも大事な作業になる。しかし、今回はあくまで格下との2連戦であり、多少なりとも大胆な出方をしてもいいはずだ。