Googleがホームボタン長押しでどのアプリからも検索機能にアクセスできる『Now on Tap』を国内向けに提供開始

写真拡大


Googleは、『Google検索』の新機能『Now on Tap』を11月10日から国内向けに提供開始したことを発表しました。Android 6.0“Marshmallow”を搭載したスマートフォンから利用できます。

『Now on Tap』は、ホームボタンの長押しにより、どのアプリを使っている状態でも探したい情報にたどり着ける機能。10月に開催された『Nexus 5X』『Nexus 6P』の記者説明会でプレビューされていたもので、日本語版は英語版に続く2言語目の提供になります。

参考記事:
Googleが『Nexus 5X』『Nexus 6P』とAndroid 6.0で開発中の最新機能をプレビュー
http://getnews.jp/archives/1183289


発表会で実演されたデモでは、ホームパーティーを予定しているメンバーとのチャットを想定して「明日、何か作ろうか?」という呼びかけに「フォンデュでもどう?」と回答。


ここでホームボタンを長押しすると、「フォンデュ」に関連した情報やアクションに紐づいたアプリの候補が表示されます。


アプリの候補から、インストール済みの『クックパッド』を選択するとアプリが起動し、「フォンデュ」でレシピ検索した結果を表示します。画面のテキスト情報からキーワードを解析して、必要となるアプリをピックアップ、キーワードの情報をアプリに渡して利用できるという仕組み。



どのアプリからでも利用でき、『LINE』で「猿田彦珈琲」という店名が出てきたら『食べログ』で店舗情報を調べ、ここに行こうと約束の日時を決めたら『Googleカレンダー』を起動して予定を作成する、といったユーザーの意図に応じた一連の動作でキーワードの情報が利用できます。

はじめよう Now on Tap(YouTube)
https://youtu.be/nVGeyV7oCQ0

国内で利用できるのは今のところ、OSにAndroid 6.0を搭載する『Nexus』スマートフォンのみ。ホームボタンを長押しして『Now on Tap』の利用を許諾すると利用可能になります。