写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デルは11月10日、Dell PowerEdgeサーバ上にNutanixのWebスケールソフトウェアを統合したSDS(Software-Defined Strage:ソフトウェア定義型ストレージ)ソリューションのDell XC Web スケール・コンバージド・アプライアンス(Dell XC シリーズ)のラインアップを拡充し、新たに「Dell XC6320」「Dell XC730-16G」「Dell XC430-4」の3モデルを提供開始することを発表した。

XC6320は、高密度コンピューティングおよびストレージ環境、サービスプロバイダ、プライベートクラウド向けで2U、4ノードでサーバはDell PowerEdge C6320、最小構成価格は2178万円(税別)〜。XC730-16Gはグラフィックスを多用するワークロードとイメージベースのアプリケーションを使用するナレッジワーカー向けVDI(デスクトップ仮想化)で2U、1ノード、1個または2個のNVIDIA GPUを搭載し、サーバはDell PowerEdge R730、最小構成価格は1193万円(同)〜。また、XC430-4は小規模な仮想環境向けにバランスの取れたコンピューティングおよびストレージで1U、1ノード、サーバはDell PowerEdge R430、最小構成価格は441万円(同)〜。

Dell XCシリーズはコンピューティングとストレージ機能を1台のシャーシに統合しており、データセンター内での導入を可能とし、プロセスデスクトップ仮想化、データベース、プライベートクラウドなどのプロジェクトで発生する複数の仮想ワークロードを処理できるように設計。運用面の利点としてはノードごとにデータセンターの容量を拡張でき、組織の成長に合わせて柔軟に投資を行えるスケールアウト環境の構築を可能としている。

例えば、従来型(サーバ・ストレージ・ネットワークの3階層構造のソリューション)よりも6倍の速度、3年間の負荷サイクルを通して最大27%の低コストでデスクトップ仮想化インフラストラクチャの導入が実現可能だ。

同シリーズは、個々のLUN、ボリューム、またはRAIDグループを管理するのではなく、各ワークロードのニーズに基づいたポリシーを使用して、仮想環境をVM(仮想マシン)レベルで管理できるようにした。

また、Nutanix Distributed File System(NDFS)によりすべてのノードに搭載されたSSDとHDDを効率的に利用し、高パフォーマンスと可用性の実現を可能としている。さらに、同シリーズにはデルのサービスおよびサポートが付属しているほか、特定の仮想ワークロード用に事前構成されているため、ノードやディスクが故障した場合にもデータの可用性を維持するように設計されているという。