料理する前にエビを塩水に漬けると、料理内容とは関係なく、よりふくよかに、よりジューシーに仕上げることができます。料理する前の、たった15分ほどの処理で、エビの水分が閉じ込められ、風味が加わり、歯ごたえが保たれるのです。

たとえ冷凍エビでも、塩水に漬けるのは非常に効果的です。料理ブログ「Serious Eats」が、どうして塩水でエビがおいしくなるかを以下のように説明しています。

詳細を説明する前に、私たちが発見した、料理内容には関係なくエビをおいしくする方法を教えます。それは、エビを塩水と重曹に少し漬けることです。あまり大したことがないように聞こえるかもしれませんが、効果は絶大です。塩によってエビのおいしさとみずみずしさが失われることなく、重曹によってエビの新鮮な食感が保たれるのです。

エビ1ポンド(約453グラム)に対して、塩を小さじ1杯、重曹を小さじ4分の1加えた塩水を作ってください。その中にエビを入れ、後は15分から1時間ほど冷蔵庫の中で放置します。後は好きなように調理してください。非常にシンプルなテクニックですが、すべてのエビ料理で効果が実感できるでしょう。


Heather Yamada-Hosley(原文/訳:コニャック)
Photo by Shutterstock.