写真提供:マイナビニュース

写真拡大

千葉県浦安市の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで9日、クリスマスのスペシャルイベント(〜12月25日)が開幕。クリスマス限定メニューも2日より発売開始となり、今年はサンタ姿のスティッチのポップコーンバケットが初登場した。

東京ディズニーランドでは、今年7月に映画『リロ&スティッチ』をテーマにした新アトラクション「スティッチ・エンカウンター」が誕生。それにあわせて、スティッチの形をしたポップコーンバケットが登場したが、このたび、スティッチがサンタクロースに変身したポップコーンバケット(2,100円)がクリスマス期間限定で登場した。両パークのポップコーンワゴンにて販売している。

ポップコーンバケットと同じくアトラクション誕生時に登場したスクランプマンも、クリスマス期間限定バージョンに進化。サンタ姿のスティッチのスーベニアケースに入ったスクランプまん(880円)が登場した。スクランプまんは、東京ディズニーシーの「スペースプレース・フードポート」で販売している。

東京ディズニーランドでは、絵本の世界が楽しめる「クリスマス・ファンタジー」を開催。今年初登場のパレード「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」や、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のクリスマスバージョンを公演する。東京ディズニーシーでは、イルミネーションが光り輝く「クリスマス・ウィッシュ」を開催。メディテレーニアンハーバーにて、昼は新しいエンターテインメント・プログラム「パーフェクト・クリスマス」を、夜は「カラー・オブ・クリスマス」を開催する。

撮影:蔦野裕