竹内結子が初の本格時代劇挑戦、「Wikipediaのプロフィール見て」配役。

写真拡大

“平成の司馬遼太郎”との呼び声高い磯田道史氏の「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」「残穢」などの中村義洋監督が映画化した「殿、利息でござる!」。その豪華キャスト陣が続々と発表された。

作品の舞台は今から240年ほど前の江戸中期、仙台藩吉岡宿。年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した住人たちがいた――。実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て奔走する姿が、現代に甦る。

造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎(こくたや・じゅうざぶろう)を演じるのは、阿部サダヲ。町一番のキレ者である茶師・菅原屋篤平治(すがわらや・とくへいじ)に瑛太。そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内(あさのや・じんない)には妻夫木聡を起用。

そしてこのたび、竹内結子、寺脇康文、きたろう、千葉雄大、橋本一郎、中本賢、西村雅彦、松田龍平、草笛光子、山崎努らのキャスト陣が発表された。

竹内は、本格時代劇映画への出演は今回が初めて。その役どころは吉岡宿の住人が集う煮売り屋(飯屋)のおかみで、未亡人の“とき“。竹を割ったような、さばさばとした性格もあって住人たちに愛され、さまざまな情報が集まる、現代でいうところの“ハブ的”な存在だ。阿部演じる男やもめの主人公・穀田屋十三郎がほのかに想いを寄せる……そんなふたりの恋の行方も気になるところ。

また、松田演じる萱場杢(かやば・もく)は、藩の財政を預かる出入司(しゅつにゅうつかさ)をつとめる役人。庶民の「殿に金をお貸しする」という奇想天外な申し出を無情にも拒否し、冷酷無比な切れ者を演じきる。松田は「長州ファイブ」(2006年)以来、実に10年ぶりの時代劇映画出演だ。

映画「殿、利息でござる!」は2016年5月14日より全国ロードショー。

☆竹内結子 コメント

「残穢」に続きこんなに早く中村監督作品に呼んで頂けてとても嬉しく思います。
時代劇映画初ということでメイク、衣装、美術、セットなど全てが新鮮で和やかさと良い緊張感をもって撮影に臨むことが出来たと感じています。
この作品は、町を救いたい一心で、人のために尽くす庶民たちのお話なのですが、
何でも誰かに言いたがり拡めたがりの時代に、報われたい欲を捨て敢えて「つつしむ」ことを選んだ人々の、その心の在り方がとても美しいと私は思います。
そんな人たちを近くで見ていたトキとしては、慎み深い皆さんに代わり、
是非、多くの方にこのことを知ってもらいたいと願っております。

☆中村義洋監督 コメント

今回ほどキャスティングに時間を使った映画はありません。

僕らのハードルが段々高くなっていったせいかもしれません。それは決して、名のある方を、ということにこだわったわけではなく、九人の篤志家と、見守る女性、そして酷薄怜悧な御上と、バランス(年齢、顔、形や、観客が思っているであろう印象と、それへの裏切り等)を考えながら、一人一人、慎重に、時間をかけてキャスティングしていきました。今どき何とも贅沢な時間の使い方をさせて頂いた気がします。

サダヲさん、瑛太くん、妻夫木くんは、撮影前のマスコミ発表でも言った通り「いつか」という時のためにとっておいた「ここぞ」のキャスティングです。それにしてもここまでハマる、というかハメてきてくれるとは思いもしませんでした。役どころがそれぞれ「真心の人」「頭脳の人」「冷たい人」といった按配ですが、それが物語の中で二転三転する様を楽しんで頂けたらと思います。

そして九人の篤志家の他の六人の役どころですが、寺脇さんには「人情の人」、千葉くんには「優柔不断の人」、きたろうさんには「揺れる人」、西村さんには「名誉欲の人」、中本さんには「勘違いの人」、橋本くんには「ケチな人」というのを割り振らせて頂きました。また皆さん、見事にハマって(ハメて)頂きました!もちろんこの六人も、単にそれだけではなく、そこから何度も揺れ動きますので、彼らが六年という歳月のなかでどう変わったか、というのも観て頂きたいところです。

竹内さんの役の「しま屋おとき」は全登場人物中ただ一人、磯田さんの書かれた『無私の日本人』にも、その元ネタの『國恩記』(実話です!)にも登場しないキャラクターです。しかしこの時代の女性は、たとえどんなに立派な行動をしても表に出ない、つまり、記録に残されない、というのが常であったようで、だったら逆に、史実を左右するような活躍をしても記録に残してもらえなかった可能性も大で、それなら、主人公たちに愛され、時には檄を飛ばし、計画の一翼を担うような天真爛漫の女性であってもおかしくなかろう、ということで、そうなったら真っ先に思い浮かんだのが竹内さんでした。ほとんどアテ書きです。書いてる途中で、おや? もしや? と思って軽くウィキペディアでプロフィールを調べたら、竹内さんに時代劇の経験がない、というのも大きかったです。ああ、結子さんの日本髪を一度でいいから拝んでみたい、という思いも重要な決め手の一つであったことは否めません。ちょうど前作の(といってもまだ公開されてませんが)『残穢』とは真逆のキャラクターになるのも魅力でしたが、あまりにも撮影が近かったため「あれ? メガネはどうしたの?」と思ってしまうのがちょっと困りモノでした。

対する御上・萱場杢役の龍平くんは、実は彼も僕の中では「ここぞ」の人で、瑛太くん同様、『アヒルと鴨のコインロッカー』から9年、一緒にやれる日をずっと待ちわびていた俳優です。お話の流れ上、この役には本当に「高い壁」になってもらわねば困るので、龍平くんのいい意味での「得体の知れなさ」に賭けてみました。現場では、冷淡に見えるよう脚本に「薄く笑う」などと書いておいたのですが、そういうのを龍平くんは全然やってくれず(笑)、なのに僕の想像をはるかに超える、ゾッとするまでの冷淡さを見せてくれて、これはもう本当に、最高の誉め言葉として、得体が知れない俳優になったなあと、舌を巻かせて頂きました。

草笛さんは、大ファンなんです。実は私『必殺』シリーズのマニアで、ご覧になった方なら分かって頂けると思いますが、草笛さん演じた「おせいさん」に心打たれ、いつか自分が時代劇を撮る時が来たら絶対出て頂きたい! と切望していたキャスティングです。現場ではため息をつきながらモニターに魅入り、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

山崎さんは、実は一番始めに決めたキャスティングです。謎の多い役なので詳細は語れませんが、原作を読み終わって3秒後には、山崎さんがファーストシーンとラストシーンに登場する、と決めて脚本を書き始めました。何も言いません。とにかくまた(『奇跡のリンゴ』に続き)、ものすごいお芝居でした……。