受験シーズンの強い味方

写真拡大

ゼブラは、独自の内部機構により0.3mmの細い芯でも折れないシャープペンシル「デルガード0.3」を、2015年11月12日から全国で発売する。

0.7mmタイプも同時発売

「デルガード」は、「力を入れた時に芯が折れる」という不満を解消することがコンセプトのシャープペンシリーズ。14年11月に0.5mm芯タイプを発売以来、自然な書き心地ながら芯折れを心配せず勉強や試験に臨めると、中高生を中心に人気となっている。

「0.3」は従来の部品の形状から見直し、再設計して開発した。

筆圧に対し内部機構が自動で芯をガード。紙面に対し垂直な筆圧には、軸に内蔵したスプリングが力を吸収し、芯を上方向に逃すことで折れを防ぐ。また、斜めに力が加わった際は、金属部品が自動で出てきて芯を包み込むという。

さらに軸に誘導部品を取り付けて内部の短い芯の詰まりを防いでいる。

小さな字でもつぶれずに書くことができるため、ノートまとめや、細かい予定の書き込みに役立つという。

同時に0.7mm芯の「0.7」も発売。太めの芯で、試験時のマークシートの素早い塗りつぶしに効果的だという。

価格は486円(税込)。ボディカラーは黒・青・紫・ライトブルー・ライトピンク・白の6色を展開。