画像はすべて『ブブキ・ブランキ』公式サイトより

写真拡大

3DCGを中心とした制作を手がけるアニメスタジオのサンジゲン設立10周年を記念したオリジナルTVアニメ『ブブキ・ブランキ』が、2016年1月から放送されることが明らかになった。

【サンジゲン10周年記念でオリジナルTVアニメ『ブブキ・ブランキ』決定の画像・動画をすべて見る】

ティザーサイトも公開され、メインスタッフが発表された。それによると、TVアニメ『キルラキル』の演出などを手がけた小松田大全さんによる初監督作品となる。

ほかにも、ゲーム『NO MORE HEROES』シリーズなどで知られるコザキユースケさんがキャラクターデザイン、ゲーム『428〜封鎖された渋谷で〜』でタッグを組んだイシイジロウさんと北島行徳さんがシリーズ構成・脚本を手がける。

サンジゲン10周年記念の『ブブキ・ブランキ』


画像はすべて『ブブキ・ブランキ』公式サイトより


サンジゲンは、元ゴンゾの松浦裕暁さんを中心に、2006年に設立されたアニメスタジオ。3DCG制作でのアニメーション制作を中心に手がけ、これまでほぼ3DCGで制作された『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』といった大ヒット作品を生み出してきた。

その10周年記念となる『ブブキ・ブランキ』は、「KADOKAWA x サンジゲン TVアニメーションプロジェクト」と題された、完全オリジナルアニメ。

画像はすべて『ブブキ・ブランキ』公式サイトより



公開されたティザーサイトは、更新する度にデザインが切り替わり、5パターンのキャラクターとフレーズが表示される。そして、そのいずれにも「BUBUKI/BURANKI(舞武器舞乱伎)」という、謎めいた文字が躍っている。

ストーリーやキャストなどは明らかになっていないが、豪華布陣で臨む10周年記念作品の発表に、早くも期待が集まっている。