栗やカボチャを使った秋ドーナツ!代官山「カムデンズ ブルー ☆ドーナツ」に新作3種

写真拡大 (全4枚)

アメリカのドラマで刑事がコーヒーと一緒に…なんて場面をよく見かけるドーナツ。アメリカ生まれの店の中には、オーガニック素材と大人向けの味にこだわったオリジナリティあふれるショップも。

それが「LOG ROAD(ログロード)代官山」にある、米国・ポートランド発のドーナツ店「CAMDEN’S BLUE ☆ DONUTS(カムデンズ ブルー ☆ ドーナツ)」。季節折々に新フレーバーを発表している同店だけど、2015年10月20日(火)に3種類が新たにラインナップに加わったとか。

それぞれ栗やカボチャ、紫イモなど秋らしい素材を使ったドーナツは、ほかとは違う工夫を加えているというから、気になる! そこで、広報担当の今井さんに詳しく聞いた。
まず注目したいのは、数種類のスパイスを練り込んだケーキ生地に、栗とシソのグレーズを組み合わせた「マロン紫蘇グレーズ」(410円)。

意外な組み合わせだけれど、栗の甘さとシソの爽やかさのハーモニーがクセになってしまいそう。トッピングはヘーゼルナッツで、カリッと食感がアクセントに。


ふんわりとしたブリオッシュ生地を使った「パンプキンカスタード」(410円)は、内側にパンプキンカスタードがたっぷりと入っていて、カボチャ好きにはたまらない。

シナモンやジンジャーなどの数種類のスパイスシュガーが、カボチャの甘みを引き立てる仕上がり。コーヒーと一緒にいただくのがおすすめだそう。


紫イモと数種類のスパイスを合わせたフリッターにマシュマログレーズをコーティングした「スウィートポテトフリッターマシュマログレーズ」(410円)は、しっかりした食感の生地が特徴。マシュマログレーズはスパイスが効いた甘さがアメリカで人気とか。まだの女子は一度試して。

ここでしか食べられないオリジナルな味のドーナツは、話題のネタにもぴったり。彼や女友達を分け合って楽しんで。