日本で顕微鏡歯科は普及するのか?

写真拡大

 "見える治療・魅せる治療"をコンセプトに歯科用顕微鏡をいち早く取り入れた「デンタルみつはし」の三橋純院長。歯科用顕微鏡を導入した頃は苦労も多かったと明かす。顕微鏡を使っての診療には、それなりの技術が必要とされた。買ったからすぐに使えるようになるほど簡単なシステムではなかったのだ。
 
 「20倍に拡大された口の中を見ながらの治療ですから、細かい動きをするとき、指先の感覚と自分の視覚からの情報をうまく合わせる必要があります。初めての感覚なので慣れるまでには相当な時間がかかります。また拡大して見えるので、相対的に病変が大きくなり慎重な治療をするための処置の量も自然と増える。当然、時間も長くかかる。質の高いものを目指すという観点で導入したものの、慣れるまでは本当に大変でした」
 
 しかも、三橋氏が導入した当時は歯科用顕微鏡についてのマニュアルやノウハウを記した書籍といった情報も少なかった。
 
 「使っている人自体が少なかったので仕方ないですけどね。歯科用顕微鏡についてのセミナーもほとんどなかったのです。多くの技術は自分で開発するしかなかったので無我夢中でした。幸運だったのは、開業当時はまだ患者さんも少なくて時間を持て余していたことです。一人の患者さんに時間をかけられる余裕があったのです。アメリカで勉強されてきた先生たちがたまにセミナーを開催してくれました。それを受講して新しい技術を学ぶ。この繰り返しでした。そのうち、自然に扱いにも慣れていきました」
 
 現在は自身の経験をもとに自らセミナーを開いて歯科用顕微鏡を扱う技術を指導する側に回っている。その中で気づいたことだが、導入した歯科医院が実際の治療で顕微鏡を使いこなしているとは限らず、とても残念なことだが、宣伝に使われるだけになってしまっていることが多いことだ。そのため、患者さんがこれを見極めるための一助として立ち上げた「顕微鏡歯科ネットワークジャパン」では一般の方向けに顕微鏡歯科治療を判りやすく紹介する無料セミナーも実施している。そして日本顕微鏡歯科学会の理事としての活動を通じて、顕微鏡歯科治療の普及や認知の向上、会員相互の治療技術の向上にも力を入れている。しかし、顕微鏡歯科に取り組む歯科医院は少ないというのが現状だ。

歯科用顕微鏡導入の難しさ

 歯科用顕微鏡の普及率が上がらない背景には歯科医師たちの経済事情も関係していると三橋氏は考える。
 
 「歯科用顕微鏡を導入するとなると相当なお金がかかります。更に必要なものを一通り揃えていくとかなりの額になります。僕自身も開業当時は毎日夢中になっていましたが、お金はなかったですね。良い器械を導入したからといって治療費が上がるわけではないのです。僕も当初は診察料にしても、保険の範囲内で対応していました。もともと顕微鏡を使った治療だから保険点数が高くなるルールなんてないのです。導入して診療の質は上がるけど、保険の範囲内で診療をする分には収入は下がるのです。細かな作業が増えて診療時間が長くなるからです。これではなかなか導入する気にもなれません。基本的には顕微鏡がなかったとしても診療自体はできるわけですから」
 
 三橋氏は現在、この顕微鏡を使った治療に関して、自由診療が適切だと考えている。
 「患者さんには日本の歯科治療の医療費が桁違いに安いんだってことを理解してもらいたいのです。アメリカはもちろん、フィリピン、シンガポール、台湾の数十分の一なのです。それだけ安い医療費で世界標準の治療は望めないのです。

 今は顕微鏡治療を知らない歯科医師はまずいないでしょう。歯科医師の認知は上がったけど、なかなか踏み込めないんです。条件が合えばやってみたい、という人はたくさんいると思います。そう意味でも多くの歯科医の経済的な事情は改善していかないといけないと思います。日本の保険診療の仕組みは素晴らしいのですが、提供できる治療の質・内容に制約が生じるのが現実。治療の質は上がるけど貧乏になる、というのではこれからの若い医師は誰もやらない。だから歯科用顕微鏡を使った治療に関しては自由診療で、ということにした方がいいと思います。それは普及に繋がるし、結果としてそれが日本の歯科診療の質向上に繋がり、より多くの歯が助かるのです。

これからの顕微鏡治療

 顕微鏡治療の先進国、アメリカでは根管治療専門医で顕微鏡を使わない人はほとんどいないという。
  
 日本でも都市部を中心に根管治療に力を入れている歯科医院ではかなり普及してきてはいるものの、それが現場で適切に使われているかはわからないと三橋氏は言う。だが、顕微鏡治療を通じて「治らなかった歯が治る」という治療の質の向上には自信を持って頷けるようになった。うまく使うことで作業効率も上がる。患者さんも自分の治療の進行具合がわかるようになる。「特に根管治療が一番変わります」と三橋氏。「肉眼ではできなかったことができるようになった。成功率が飛躍的に上がりました」と語る。

 モニターに映し出される治療の経緯についても「全部DVDで録画してあります。2001年の5月からずっと」と三橋氏。これがいつか、新しいカルテにとって代わる時代が来るかもしれない。

 「もちろん、まだ管理といえるほどそれらを管理しているわけではないのですが、、。 たとえば、治療後何年かして問題が生じた歯があるとしますね。そのときは、治療をした時のDVDを探し出してきて検証するわけです。病変の大きさ、進行程度はどうだったのか、見落としはなかったのか、、。歯科治療は直ぐに結果が出ない分野です。治療がうまくいったのかどうかは治療から何年か経て初めて評価できるのです。 そのためには全ての治療を映像として何年も残しておく必要があるのです。いままでの肉眼治療ではこの検証ができなかったのです。
 
 映像を残すことで医師の意識も変わっていくでしょう。医療ミスも明らかになるかも知れませんが、それにより治療の質は向上してゆくでしょう。」

 可能性を数多く秘めた顕微鏡歯科治療。三橋氏の活動がひょっとしたら未来の日本の歯科医療の姿を大きく変えていくかもしれない。
(インタビュー・文/名鹿祥史)