写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今回のテーマは「のっぴきならない理由でペンネームを変更しないといけなくなったら」である。

別にのっぴきならなくなくても、ペンネームは常に変えたいと思っている。今すぐ私より先に「カレー沢薫」を名乗っているという奴が現れて、こちらに改名を求める裁判を起こしてもらいたい。

しかし実はこのペンネームには、読者の皆が想像もつかないような深い意味と願いが込められているのだ、と言いたいところだが、何もない。カレー沢に込められた深い意味や願いなど、私にも想像がつかない。5億パーセント、軽いノリでつけた。

できることならタイムスリップして、当時の私に「カレー沢はやめろ」と鉄拳を食らわしてやりたいところだが、そうしたら私はさらにひどいペンネームをつけるだろう。よく「あの時に戻れたら運命を変えられる」などと言うが、手前自身が変わってないのだ。同じことを繰り返すか、さらに取り返しのつかない過ちを犯すに決まっている。

それに、もう6年もの間「カレー沢薫」の名前で活動してしまっているのだ。現在でも知名度はなきに等しいが、わずかながらの積み上げであったとして、ゼロに戻すというのは相当勇気がいる。

だが、今回はあくまで仮定の話だ、私の他に「カレー沢薫」などという迂闊な名前を名乗り、さらにそれを裁判してでも守りたいというバカ野郎が現れたと想定して、新しいペンネームを考えてみたい。

○カレー沢氏の改名案を大公開

実は言うと答えはもう決まっている。「荒巻 シャケ夫」だ。

何故と言われても困る。「なんでカレー沢なんですか?」と聞かれて、何も答えられないのと同じだ。つまり、宣言通り同じ過ちを繰り返す気なのである。

しかしこれでは、もう一人のカレー沢(おそらく自称舞台俳優か何かだろう)も裁判を起こした甲斐がないので、「自分で名乗るのは無理だが憧れるペンネーム」について話したい。

私が憧れるペンネームとは、ずばりシンプルなペンネームだ、名字も名前もなく、三文字で終わるような名前にあこがれる。漫画家で例を出すなら、ユニット名だが「うめ」さんみたいなのがかっこいい。

だったら自分も「米」とか「パン」などと名乗ればいいのだが、自分にはそれができない。昨今、キラキラネームが問題になっているが、私も子どもを持つとなったら「せっかく股間を痛めて生んだんだから、しゃらくさい名前の一つでもつけてやろう」と思ってしまう側の人間なのである。だから、せっかくペンネームを持つなら、ちょっとキレのある感じにしてやろうと思ってスベるのである。

たとえどれだけスベっていても、名前を憶えてもらってなんぼの仕事なので、ペンネームを一度聞いたら忘れられないものにする、というのも重要ではあると思う。しかし、キレがありすぎても新たな問題が浮上するようだ。

現在各所で活躍中の「まんしゅうきつこ」さんだが、そのキレキレのペンネームゆえに、媒体によっては名前が出せないと聞いた。また、この連載を載せているマイナビニュースの母体・マイナビもそういった規制が割と強い方らしく、「ゴリラ性欲嫁」さんも、マイナビの別媒体(マイナビウエディング)での連載は「ゴリラ嫁」で行ったようだ。

仮に私が「セクロス沢薫」とかだったら、そもそもこの連載は始まらなかったかもしれないし、あるいは「セクロス」を丸々削除して「沢 薫」なる、若干サッカーが上手そうな名前で執筆することになったかもしれないのである。このように、名前がソリッドすぎると逆に仕事に差し支える可能性もある。

つまり、はじけたペンネームをつけたいと思っても、下ネタ方面ではじけない方が無難ということである。そして下ネタを封じられると、私などはすぐ「カレー」とか「シャケ」などという食べ物の名前を入れておどけようとしてしまうのだが、これでは成長がない。むしろふざけるのではなく、もっとクールかつ印象深い名前を考えたい。

そこで今考えたペンネームが、「ヒルズ沢 薫」「意識 郄夫」である。

このように、私は根本的に命名センスがないのだ。テーマが何であれ考えるのが自分である以上、過ちを重ね続けてしまう。ならばどうすれば良いかというと、人任せにするか、もしくは人の案をパクるかである。

○カレー沢氏が人生で一番シビれた他人のペンネーム

私が今まで一番シビれた他人のペンネームは「暴力 鈴木」だ。シンプルかつクール、反社会的でありながら下ネタでもない、これ以上はないと感じた。

この名前は知り合いの作家さんが、これまた知り合いの作家さんの新ペンネーム案として出したものだ。驚くべきことに、こんなに完璧でありながら不採用になったのだ。この名前はまだ使われていないので、私が使用してもなんら問題ないと言うわけである。よって私の新ペンネームは「暴力 薫」で決定だ。

しかし、某オリンピックのエムブレム問題でもあったように、事実はどうであれ、盗用などの疑惑をかけられると、作家生命を絶たれかねない。それはペンネームとて同じだろう。なので念には念を入れてもう少し原型をなくしておきたい。

といわけで、私の新しいペンネームは「カレー沢 暴力」だ。暴力先生に励ましのお便りを。

カレー沢薫
漫画家・コラムニスト。1982年生まれ。会社員として働きながら二足のわらじで執筆活動を行う。デビュー作「クレムリン」(2009年)以降、「国家の猫ムラヤマ」、「バイトのコーメイくん」、「アンモラル・カスタマイズZ」(いずれも2012年)、「ニコニコはんしょくアクマ」(2013年)、「負ける技術」(2014年)、Web連載漫画「ヤリへん」(2015年)など切れ味鋭い作品を次々と生み出す。連載作品「やわらかい。課長起田総司」単行本は1〜2巻まで発売中。10月15日にエッセイ「負ける技術」文庫版を発売した。
「兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃」、次回は11月10日(火)昼掲載予定です。

(カレー沢薫)