あのワールドカップ(W杯)での日本の大健闘から1か月。今度は7人制ラグビー(セブンズ)の日本男子が、来年のリオデジャネイロ五輪切符を獲得した。30歳の桑水流(くわずる)裕策(コカ・コーラ)主将が言葉に実感をこめる。

「ホッとしています。素直にうれしいです。日本のセブンズの新しい歴史を創ることができました」

 8日、香港の夜空に「ホンコン・コール」が響きわたる。1万余の観衆で埋まった香港スタジアムでの五輪アジア予選の決勝戦。完全アウェーの異様な雰囲気の中、日本は10点をリードされて折り返した。今大会初めて相手にトライを許すという苦しい状況だった。桑水流主将が述懐する。

「アウェーの波に完全に飲まれてしまった。全然ボールを動かせなかった。ディフェンスでもペナルティーが多かった」

 だが、日本はこれまで課題とされてきた『修正力』をここで発揮する。ハーフタイムで桑水流主将はこう、声をかけたそうだ。

「ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)でファイトするのはタックラーだけにしよう。アタックではボールをもっと動かそう」と。

 日本は自分たちのラグビーを取り戻した。ひとことで言えば「走り勝つこと」、さらには「ディフェンスでは規律を守ること」である。日本の"走り勝つラグビー"を象徴するトライが後半2分に生まれた。

 自陣でのペナルティーから反撃を仕掛け、ボールを大きく動かしていく。みんなが瞬時に反応した。走って、つないで、最後は左オープンから後藤輝也(NEC)が左中間に飛び込んだ。これが反撃ののろしだった。

 さらにターンオーバーの逆襲などで3トライを加えて、24−10で逆転勝利を収めた。昨季、ワールドシリーズを戦った日本にとって、アジアでは「勝って当然」の重圧をはねのけた。勝利を確信した時点は?と聞かれると、瀬川智広ヘッドコーチ(HC)は「(終了の)ホーンがなって14点差を確認した時です」と言って周りを笑わせた。

「キャプテンを筆頭とした、オリンピックにいくというみんなの強い思いが少しだけ、相手を上回ったんじゃないかな。ふだんはセブンズにスポットが当たらない中、15人制の(W杯での)活躍があったり、オリンピック予選ということだったりして、ちょっと(注目度が)普通じゃないと感じていました」

 巷は空前のラグビー人気。ひと呼吸を置き、同HCは言葉を足す。

「さらに日本ラグビーに大きな風を吹かすことができたことを非常にうれしく思います」

 傍目には苦しい戦いも、瀬川HCも、選手たちも自分たちの実力を出せば勝てるとの確かな自信があった。桑水流の言葉を借りると、チーム間に「信頼」と「プライド」があったからだ。その根拠は練習環境の改善にある。昨年からコア(中心)メンバーとして、ほぼ同じ選手構成で継続強化できていた。
 
 この点が15人制を主体とする日本ラグビーにあって、日本セブンズのこれまでのネックだった。だが日本ラグビー協会が強化に本腰を入れたことで、所属企業から選手拘束の許可を得るなどして、セブンズに特化した練習ができたのだ。当然、強化資金もアップした。

 特に今年6月からは約100日に及ぶ強化合宿、遠征が行なわれた。その猛練習で、スタミナと互いの信頼感も生まれた。さらに昨季、ワールドシリーズで強豪チームと戦い、接点での見極めやボールの継続、判断力が備わっていた。信頼はディフェンスでの「面」となった連携プレーに見て取れた。

 アタックに関して言えば、通算9トライで「トライ王」に輝いた快足の松井千士(同大)を軸にスピードで他チームを圧倒した。松井はW杯メンバーから外された悔しさをバネにたくましくなった。

 20歳の松井は「W杯には負けたくない。セブンズも絶対、活躍してやろうという気持ちでやりました。(トライ王を)有言実行できてよかった」と微笑みながら、さらなる成長を誓う。「でもフィジカル面はまだまだ。ここは一気に強化してやろうと思います」

 戦力でいえば、トンガ系でニュージーランド生まれのレメキ・ロマノラヴァ(ホンダ)、フィジー出身のトゥキリ・ロテ(北海道バーバリアンズ)の帰化組の存在が大きかった。

 15人制のW杯メンバーからセブンズ日本代表となった22歳の藤田慶和(早大)も光り輝いた。試合後は、日の丸の旗を背中に巻いて、笑顔をふりまいた。左手に巻いたテーピングテープには黒マジックで<2016OLYMPIC>と書かれていた。

 いつもポジティブな藤田は「2日間、楽しめました」と振り返った。「でも、ここがゴールじゃない。オリンピックへのスタートラインに立てだけです。(リオ五輪では)やるからには金メダルを目指して頑張りたい」

 若武者のコトバは、選手たちの気持ちを代弁しているのだろう。どのようにリオ五輪で目標のメダルを獲れる体制を作るのか。五輪の舞台には、ワールドシリーズで勝てなかった強豪が勢揃いする。し烈なメンバー争いを含め、さらにチームとしてのレベルアップが求められる。

松瀬 学●文 text by Matsuse Manabu