スパーズサポーターが低俗な反撃、エミレーツスタジアムのトイレを破壊か

写真拡大

▽8日に行われたプレミアリーグ第12節、アーセナルvsトッテナムで試合会場のエミレーツ・スタジアムのアウェイスタンドのトイレの便器が破壊されたことがわかった。イギリス『Caught offside』が、SNS上に上げられた破壊の様子を紹介している。

▽プレミアリーグでも屈指のライバル意識を誇るアーセナルとトッテナムのノースロンドン・ダービーでは、今年9月にトッテナムの本拠地ホワイト・ハートレーンで行われたキャピタルワンカップ3回戦で、一部の暴徒化したアーセナルサポーターがスタジアムの2階席に設置されているバナーを破壊するなどの破壊行為を働いた。その後、地元警察が10人を逮捕するなど、大きな騒動となっていた。

▽そして、8日にエミレーツ・スタジアム行われたプレミアリーグ第12節では、先日の破壊行為に怒りを見せていたトッテナムの一部サポーターが、その仕返しにアウェイ側のトイレの便器を破壊する愚行を行ったようだ。

▽今回の一件に関して地元警察から何の発表も出されていないため、破壊行為をした人物などの特定に至っていないが、現地メディアはトッテナムサポーターの関与を疑っている。

▽仮に、今回の破壊行為がトッテナムサポーターによって行われたものであれば、トッテナムは当事者に対して無期限の入場禁止処分を含めた厳しい処分を科す見込みだ。