画像
 ビジネスSNS「Wantedly」のOpen APIの提供が始まった。「話を聞きに行きたいボタン」や「フォーム自動入力ボタン」の設置など、外部サイトでも同SNSの機能が利用できるようになった。

 ウォンテッドリーは、同社が運営する「はたらく」を面白くするビジネスSNS「Wantedly」におけるOpen APIの提供を2015年11月9日より開始した。今回同社が提供する機能は、大きく3つ。1つ目は本選考へのエントリ−ではなく、カジュアルに企業へ遊びにいける「話を聞きに行きたいボタン」を外部サイトでも設置できるようにするもの。これによって気軽に興味がある法人などに話を聞きに行くことができる。

 2つ目の機能は「会社フィードボックス」。同機能はWantedly.com上の「会社フィード」に日々の会社の様子を投稿し、会社のファンを増やすもので、自社サイトに投稿内容を埋め込むことが出来るようになる。

 3つ目は「フォーム自動入力ボタン」機能の提供だ。これにより、外部サイトでも同SNS上にプロフィールが登録してあればボタンを押すことでプロフィール項目が自動入力される。これらの機能はローンチパートナーのサイバーエージェントやクックパッド、ヤフー、そしてディー・エヌ・エーの採用ホームページで先行導入されており、今後同社では2015年内に100社の導入を目指す。

MarkeZine編集部[著]