写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車(以下、トヨタ)はこのほど、人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(以下、TRI)を2016年1月に米国カリフォルニア州に設立すると発表した。今後5年間で約10億ドル(約1,200億円)を投入する。

○自動運転やロボット技術の研究・開発を進める

トヨタは、TRIを技術イノベーションの拠点と位置づけ、人工知能技術に関する研究・開発を進めていく。具体的には、人工知能技術を通じてビッグ・データを活用することで社会の課題を解決し、将来の持続可能なモビリティ社会を実現するとともに、革新的な商品の企画・開発を行う。

トヨタ広報は「人工知能技術は今後の産業の基盤を担う重要な技術と考えている。トヨタとしてはTRIを設立することで競争力を強化するとともに、人々の暮らしを豊かにするチャレンジに取り組んでいく。TRIでは自動運転やロボット技術の研究・開発などを進めていく」と話している。

TRIの最高経営責任者(CEO)には、トヨタのExecutive Technical Advisorであるギル・プラット氏が就任。今後はマサチューセッツ工科大学やスタンフォード大学に設立した研究センターとの連携を進めるなどして、研究体制を強化する。プラットCEOは「TRIでは、事故を起こさないクルマ、誰もが移動の自由を享受できるモビリティ、高齢者の尊厳ある老後をサポートするロボットなど、人と協調できる人工知能技術の開発に取り組む」と話している。

(御木本千春)