マンション傾斜問題 大手業者も安心できないカラクリを宅建士が解説

ざっくり言うと

  • 旭化成建材のデータ偽装問題について宅建士の南野真宏氏に聞いた
  • 住宅販売会社は住民に訴えられる可能性があるので工期の遅れに敏感だと指摘
  • 間に合わせようとするため、利害関係者が工期を予定調和で済ませようとする

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング