写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月2日〜11月8日までの1週間に発表された、PC関連の注目ニュースをダイジェストでお届けする。

先週は4日、米Microsoftがクラウドストレージサービス「OneDrive」のプラン変更を発表。2015年10月からOffice 365 Home/Personal/University契約者に提供してきた容量無制限を取り止め1TB制限とし、また無料で使用できる容量を15GBから5GBに縮小する。

米Microsoftによると、容量無制限化により、大規模なバックアップ用途にOneDriveを使うユーザー一人あたりのストレージ消費が75TBを超えたという。このためストレージプランの変更が行われた。なお、クラウドストレージの容量無制限プランに関しては、Evernoteも2015年8月、同様の理由で有料ユーザーの容量上限を無制限から10GBへ制限している。

このほか、米AMDが2日(現地時間)、「Catalyst」に代わる新たなドライバスイート「Radeon Software」を発表。2015年内の提供を予定する。「Catalyst」は2002年から開発が続けられて来たドライバスイートだが、同社GPU事業を統括する「Radeon Technologies Group」の誕生に合わせ、新たに設計を見直した「Radeon Software」を投入する運びとなった。

○注目ニュース

○注目レポート・レビュー・コラム