hk_main22

写真拡大 (全2枚)

「ザ ランガム 香港」には6つの飲食施設があるが、女性の旅行者がいちばんときめき、また日本の雑誌、ウェブサイトの記事などでもおなじみなのは、ロビーラウンジの「パームコート」のはず。

その「パームコート」の代名詞ともなっているのが、アフタヌーンティー。実はアフタヌーンティーは、「ザ ランガム ロンドン」でスタートしたという説もあるのだそう。香港のロビーラウンジ「パームコート」でも、本格的な英国式アフタヌーンティーを提供している。使用される食器はウェッジウッド製の「ランガム・ローズ」。バラがプリントされた、「ザ ランガム」のオリジナルで、リュクスな昼下がりをさらに特別なものに演出してくれる。なお、2015年12月31日までは、フランスの老舗パティスリー「ラデュレ」とコラボした、「ラデュレアフタヌーンティー」を展開中。「ザ ランガム 香港」限定の、「ランガム・ピンク」がキュートなジャスミンのフレーバーのマカロンはこの機会にぜひ試しておきたい。

広東料理レストラン「唐閣」(タンコート)はミシュラン3つ星をはじめ、数々の賞を受賞するなど、美食の街として知られる香港のなかでもトップクラスのチャイニーズレストラン。ランチタイムの飲茶も、地元の人、観光客問わず人気だ。ステーキと新鮮なシーフード料理が自慢の「ボストニアン レストラン」は、とっておきのデートやお祝いの集まりで利用されることも多いそう。そのほか、アメリカのダイナーをイメージした内装のニューヨークスタイルのデリ「メインストリート・デリ」など、ホテルの中だけで食べ歩きができるくらい、いや時間と胃袋が足りないくらい充実した飲食のラインナップを備えている。

香港に、とりわけ、誰もがうらやむ究極の「美食三昧」ができる「ザ ランガム 香港」に足を運んだら、ダイエットのことは一旦忘れて、最高の、そして、ここでしか味わえないものを味わい尽くそう。

(texy by aya hasegawa)
1

ザ ランガム 香港(The Langham Hong Kong)
住所:8 Peking Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
Tel: (852) 2375 1133
E-mail: tlhkg.info@langhamhotels.com
客室数: 498室


取材協力:キャセイパシフィック航空ザ ランガム 香港

>> 再びの香港。ザ ランガムへ(1)|オスカー・ワイルドも愛した名門ホテル
>> 再びの香港。ザ ランガムへ(2)|英国式アフタヌーンティーでリュクスな昼下がり
>> 再びの香港。ザ ランガムへ(3)|ホテルで愉しむバーとシャンパン
>> 再びの香港。ザ ランガムへ(4)|香港の今行くべきトレンドスポット
>> キャセイパシフィック航空 ビジネスクラスで行くリュクスな香港の旅