写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンク・テクノロジー(以下、SBT)とEmotion Intelligence(以下、emin)はこのたび、感情知能「Emotion I/O」とWebコンサルティング・分析サービス「SIGNAL」を中心とする技術を利用した共同事業・研究に関する基本契約に合意したことを発表した。

また同日より、Webサイト来訪者の行動を0.03秒ごとに蓄積し、機械学習により感情データとして抽出し行動データとリアルタムに連携させるデジタルマーケティングサービス「Emotion i」の提供を開始した。

同サービスでは、PCサイトやスマートフォン向けサイト来訪者の無意識の行動を読み取り、AIによって瞬間の感情データを抽出。タグを埋め込むだけで、これらの感情データをアクセス解析やA/Bテストツール、CMSなどのデジタルマーケティングツールと連携することができる。これにより、パーソナライズされた確度の高いマーケティング施策を実現できる環境を構築するほか、感情データを用いたデジタルマーケティングを可能とする。

同サービスは年間契約で、初期費用として「初期設定サポート」が1ドメインあたり50万円(税別)〜。月額利用料はセッション数に応じて価格が異なり、5万〜9万9,999セッションまでが1ドメインにつき25万5,000円(税別)〜となる。