hk_main3

写真拡大 (全3枚)

ホテルとお酒は切っても切れない仲。お気に入りのホテルのバーがあるだけで、アフター5は一段と豊かになるといっても過言ではない。「ザ ランガム ロンドン」のバーは、「世界のベストレストラン」に輝くなど、数々の受賞歴を誇るバーだ。その上質な雰囲気、そして魅惑的なカクテルの数々は「ザ ランガム 香港」でも味わうことができる。

(写真上)ザ ランガム 香港「アルチザン・バー」 モクテル「スプリング ジャスミン モクテル」 (写真左下)左:ザ ランガム 香港「アルチザン・バー」、右:「ローズ シルク カクテル」

ザ ランガム 香港の「アルチザン・バー」では、期間限定でユニークなオリジナルカクテルを提供している。2015年10月からは、香港が誇るファッションブランド「上海灘」とコラボし、「上海灘」のフレグランスコレクションからインスピレーションを得たカクテル「ローズ シルク カクテル」、モクテル「スプリング ジャスミン モクテル」が登場。個性的な一杯で旅する一日の余韻を楽しんでみては?

(写真上)左:「ザ ランガム クラブ」、右:「ザ ランガム クラブ」では、常時シャンパンなどのドリンクや時間に応じて軽食やスナック類が振る舞われている。

さらによりエクスクルーシブな滞在をという人には、やはりクラブフロアへの滞在がおすすめ。クラブフロアの宿泊者だけがアクセスを許される「ザ ランガム クラブ」は、同クラブのために特注した、モダンなインテリアが特徴。パートごとに異なるテーマで配された家具は、重厚でありながら、パステルカラーを基調としたかわいらしさも備えていて、「今度はあのエリアに座ってみようか」と滞在中、何度でも足を運んでみたくなる。ここでも常時、振る舞われるシャンパンに酔いしれながら、「ヨーロピアン・エレガンス」の極みが満喫できるのだ。

「ザ ランガム」の虜になった、多くの日本人はこう思うのではないだろうか。「ザ ランガム」が日本にもあればいいのに、と。実は日本発の「ザ ランガム」が六本木に建設予定との情報も。正式な発表はまだされていないが、東京オリンピック前のオープンを目指しているとか。
「ザ ランガム」は、日本にはあるようでまだなかった、「ヨーロピアン・エレガンス」と、モダンさ、上品なかわいらしさ、そして、古い友人の家を訪れたかのような温かなホスピタリティーのすべてを備えたホテル。きっと遠い未来ではない日本進出を心待ちにするとともに、香港でいち早く、その魅力を味わってみては?

(texy by aya hasegawa)

ザ ランガム 香港(The Langham Hong Kong)
住所:8 Peking Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
Tel: (852) 2375 1133
E-mail: tlhkg.info@langhamhotels.com
客室数: 498室


取材協力:キャセイパシフィック航空ザ ランガム 香港

>> 再びの香港。ザ ランガムへ(1)|オスカー・ワイルドも愛した名門ホテル
>> 再びの香港。ザ ランガムへ(2)|英国式アフタヌーンティーでリュクスな昼下がり
>> 再びの香港。ザ ランガムへ(3)|ホテルで愉しむバーとシャンパン
>> 再びの香港。ザ ランガムへ(4)|香港の今行くべきトレンドスポット
>> キャセイパシフィック航空 ビジネスクラスで行くリュクスな香港の旅