画像
 トヨタ自動車は、2016年1月に、人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」を設立する。

 トヨタ自動車は、2016年1月に、人工知能技術の研究・開発の拠点として、新会社「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.」(以下、TRI)を、米国カリフォルニア州に設立し、今後5年間で約10億ドルを投入することを発表した。

 今後同社、TRIを技術イノベーションの拠点と位置づけ、人工知能技術に関する研究・開発を加速させる。TRIのプラットCEOは、「TRIでは、事故を起こさないクルマ、誰もが移動の自由を享受できるモビリティ、高齢者の尊厳ある老後をサポートするロボットなど、人と協調できる人工知能技術の開発に取り組む。さらには、新材料探索・生産管理システムなど幅広い領域での応用に向けた技術開発を行い、社会に貢献したい」と意気込みを述べている。

 【新会社概要】
 会社名:TOYOTA RESEARCH INSTITUTE, INC.(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)
 所在地:米国カリフォルニア州パロ・アルト
 設立時期:2016年1月
 社員数:約200名規模(予定)

MarkeZine編集部[著]