画像

写真拡大

 働く場所を自分自身の意志で選び取る。ネットが発達した今、それは何歳になっても可能な選択肢です。本連載では「WHERE=場所」を重視し、東京以外の場所に拠点を移す生き方を選び取った人たちを紹介していますが、「東京以外」には、もちろん海外も含まれます。というわけで第3回目は、シンガポールに住み始めた小木曽勝利さんをご紹介しましょう。 

■早期退職して、シンガポールって、いったい何するのよ?

 小木曽勝利(おぎそ・かつとし)さん、52歳。50歳の時に長年勤めていた広告代理店のADK(アサツー ディ・ケイ)を早期退職して、シンガポールに移り住みました。SNSを通して彼のシンガポール行きを知った僕は、「いったい何をするんだろう?」と不思議に思いました。

 65歳ならアーリーリタイアメントでゴルフ三昧かと思っただろうし、30代なら起業か何かかと思ったはずです。でも、50歳でしょう?いったい何を?何もしないにしては若過ぎるし、何かするにしては年配過ぎるし。そんな時、小木曽さんが一時帰国するとの情報を得て、早速都内のカフェで話を聞かせてもらうことにしました。なんだか謎解きでもするみたいに、ドキドキしながら。

佐藤:どうですか?シンガポールでの暮らしは。

小木曽:いや、かなりイイですね。メンタル面も含めて、ここ20年でいちばん体調がいいんです。

佐藤:それは、すごい!いったい何をしてるんですか、シンガポールで。

小木曽:ちゃんと仕事、してますよ(笑)。現地に進出した日本のゲームソフト開発会社の役員をやりつつ、現地での起業アドバイスや調査もやり、日本でも友人と会社を立ち上げてます。
シンガポールに移住した、小木曽勝利(おぎそ・かつとし)さん。

佐藤:へぇ、ゲームソフト開発会社が、どうしてシンガポールへ?

小木曽:日本のゲーム開発会社の問題は、日本以外で売る時に、言語の面でも文化の面でもローカライズしなければならないことなんです。この場面はどこどこの国だとNGだとか、そもそもの面白さが多くの国の人にわからないとか。ところがシンガポールで作ると、例えば、エンジニアはシンガポール人、グラフィックはタイ人、IT技術者はインド人という多国籍チームで、作りながらローカライズできちゃうんです。

佐藤達郎[著]