皿洗いが瞑想と同じ効果をもたらす! wavebreakmedia/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 瞑想は、英語で「Meditation」という。「薬=Medication」と言葉が似ていることからもわかるように、古来医療としての効果もあるといわれてきた。

 瞑想の効果はさまざまだ。身体的、精神的な疲労回復、集中力の向上、安眠効果などが代表的である。実際にビジネスやスポーツで成功した人々も瞑想を行っていることで有名だ。

 アップルの創業者、スティーブ・ジョブズは禅の教えに心酔し、瞑想を毎日行っていたし、バスケットボール界の神様も言われているマイケル・ジョーダンも試合前の瞑想は欠かさなかったといわれている。

 だが、なかなか集中できるような環境がない、ゆっくりと行える時間がないなど、実際に瞑想を行うとなると敬遠する人も少なくない。そんな人におすすめなのが、今話題の「マインドフルネス瞑想」だ。

 マインドフルネスとは、日本語で「今、この瞬間」という意味。マインドフルネス瞑想とは、"この瞬間に意識を集中する"というものだ。これは、静寂な空間や座禅などを必要としない瞑想方法だ。

皿洗いや掃除などが瞑想に!

 皿洗いや掃除など、家事をしながらでも行える。たとえば、皿を洗っている、その瞬間に意識を向けることが瞑想になる、という考え方だ。実は、その行為に意識を集中することで、瞑想と同じ効果があることが、研究でも証明されている。

 2015年8月、論文「Washing Dishes to Wash the Dishes: Brief Instruction in an Informal Mindfulness Practic」が発表された。研究は、米フロリダ州立大学の研究チームが51名の大学生に対して行ったものだ。

 研究は、被験者を2つのグループにわけて「皿洗い」を行ってもらった。ひとつは、皿を洗うことに意識をフォーカスしたグループ、もう一つのグループは、ほかのことを考えたり、音楽を聴いたりしながら、皿洗いをした。その結果、前者のグループには瞑想をしたのと同じような効果があり、ストレスレベルの低下が確認された。

 この結果からもわかるように、瞑想は難しくて考える必要はない。今の作業に意識を集中すること、それが瞑想になるのだ。

 身構えることなく、普段からこのような習慣を身に付けることで瞑想効果によって、生活にもメリハリがつく、手軽ながらお勧めのメンタル・エクササイズである。

グローバル企業や世界的な著名人も「マインドフルネス瞑想」を実践

>
 マインドフルネス瞑想については、この春に発刊された『マインドフル・ワーク―「瞑想の脳科学」があなたの働き方を変える』(著:デイヴィッド・ゲレス・翻訳:岩下慶一、NHK出版)が詳しい。

 瞑想の歴史や、脳波の計測などによる科学的な分析と合わせて、アップルやグーグルなどのグローバルなトップ企業や著名人が、どのように「マインドフルネス瞑想」を取り入れているか、そしてどのような効果を生んでいるか、豊富な研究結果と共に紹介されている。

 米国では、従業員のメンタルヘルス、精神性の向上に目を向ける企業は多い。最新科学がその効果を後押しする「マインドフルネス革命」は、その米国で流行の兆しをみせている。日本でも、その波はくるかもしれない。

マルチタスク傾向の強い人はタスク切り替えが下手?

 これまで仕事のできるビジネスパーソンは、複数の作業を同時にこなす「マルチタスク」能力に優れたイメージだった。ところが、最近の研究によると、マルチタスクは生産性を損なう可能性があるなどのマイナス面が判明してきた。

 英ロンドン大学精神医学学科のチームは「Eメールや電話によって気を散らされたときのビジネスパーソンのIQは低下しており、徹夜明けの数値とほぼ同等である」と発表。また別の研究では、「生産性が最大40%下がる」という結果もある。

 そして、マルチタスクを行っているときの脳は、全ての活動を同時に処理しているわけではなく、ひとつのタスクから別のタスクに素早く切り替えている。つまり、「スイッチタスク」しているというのだ。

 さらに、マルチタスク傾向の強い人は、ひとつのタスクに集中する人と比較して、関連する情報の取捨選択が苦手なうえ、タスクの切り替えが下手なことも指摘されているようだ。

 デジタルデバイスの進化によって、常に膨大な情報にさらされている私たちの脳。その許容量を越えつつある今日、ひとつのことに意識を集中する「マインドフルネス瞑想」が評価されているのは、その反動だろうか。
(文=編集部)