秋から冬に向けて乾燥肌が気になる季節です。寒さでお肌がカサカサになる前に、適切なケアをして潤いを保ちたいですよね。もちろん外側からのケアは必要ですが、食べ物で乾燥肌対策をしたほうがずっと効果的であることをご存知でしょうか? ここでは乾燥からお肌を守る栄養素と食品をご紹介します。

乾燥肌を予防してくれる栄養素とは?

乾燥したカサカサ肌は、皮脂の分泌や肌の水分量が減って、肌の表面が乾燥してしまった状態です。肌が何となく突っ張る状態から始まり、乾燥が進むと肌が粉をふいたような状態になってしまうことも。皮膚の潤いを保ち、水分をキープする働きのある栄養を摂取することで、乾燥肌を防ぐことができます。また、血行を促進する栄養素を摂取すれば、肌の乾燥を防ぐだけでなく、新陳代謝を活発にすることでツヤツヤの肌を保つことができます。

皮膚や粘膜の潤いを保つにはビタミンA

ビタミンAには皮膚細胞の働きを正常化し、皮膚や粘膜の潤いを保持する働きがあります。ビタミンAを含む食品はレバーやサバ・イワシなどの青魚です。これらの食品を毎日食べるのは難しいという方は、乳製品や卵、緑黄色野菜などでビタミンAを補給しましょう。

角質層の水分をキープするにはセラミドを

化粧品に使われることも多いセラミドは、皮膚の角質層に存在する脂質で、角質層の水分をキープする働きがあります。セラミドは食事からも摂ることができます。コンニャクやシラタキ、ヒジキ、ワカメがセラミドを多く含む食品です。小豆や大豆にも多く含まれます。

血行を促進するにはビタミンE

血行を促進する働きのある栄養素はビタミンEです。毛細血管の血行が促進されれば、お肌まで充分な栄養がいきわたりツヤツヤのお肌になります。ビタミンEは抗酸化作用が高いので、シミやシワの原因になる活性酸素を除去する働きもあります。ビタミンEを摂取するにはアーモンドなどのナッツ類、アボカド、ゴマなどを積極的に食べましょう。ただし、脂質が多い食品でもあるので、食べ過ぎには注意してください。

乾燥肌対策にいい栄養素はほかにもある

コラーゲンはお肌の乾燥を防ぐために必須ですが、ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあります。お肌の新陳代謝を促す働きのあるビタミンBには肌の乾燥によって起きる炎症を防ぐ働きがあります。また、ビタミンCとビタミンEは抗酸化作用が高いので、きれいなお肌を保つには積極的に摂りたい栄養素です。

これらの栄養素を意識して摂るようにすれば、寒い季節でも乾燥肌に悩まされることはなくなるはず。内側から乾燥肌を予防する栄養をぜひ試してみてくださいね!


writer:岩田かほり