▽明治安田生命J3リーグ第37節が8日に行われ、首位に立つ山口の2位以内が確定した。

▽連敗中の首位・山口が11位の盛岡の本拠地に乗り込んだ一戦。山口は開始8分にオウンゴールで先制すると、18分にも宮城のゴールで追加点を奪う。後半に入ると、山口は得点ランクトップに立つ岸田の今季31得点目で3点目を奪取。その直後に1点を返されたが、試合終盤に代がダメ押しとなるゴールを決めて勝負あり。3試合ぶりの勝利を収めた山口が2位以内を確定させた。

▽一方、6連勝を飾って山口と勝ち点で並んでいた2位の町田は、6位に位置する鳥取のホームに乗り込んで1-1のドロー。前半アディショナルタイムにオウンゴールで先制点を与えた町田は、試合終盤に鈴木が同点ゴールを挙げたが、逆転することはできなかった。この結果、首位の山口との勝ち点差が2に開いている。

▽また、3位の長野は13位のY.S.C.C.横浜に5-1の圧勝。4連勝を飾り、2位の町田まで勝ち点5差としている。J3は残り2試合となり、3位の長野までがJ2昇格の可能性を有している。なお、J3は首位がJ2に自動昇格し、2位がJ2の21位とのJ2入れ替え戦に臨む。8日に行われたJ3リーグ第37節の結果は以下のとおり。

▽11/8(日)

琉球 4-6 相模原

長野 5-1 Y.S.C.C.横浜

鳥取 1-1 町田

福島 3-0 J-22

藤枝 3-1 秋田

盛岡 1-4 山口