枝毛や切れ毛のダメージヘア、ぺたんこ髪や白髪のエイジングヘアは女性の悩み。これらは髪の毛をどうにかしようと頑張るよりも頭皮ケアを頑張るほうが良いのだそうです。疎かになりがちな頭皮ケアについてしっかり確認しておきましょう!

見えている髪の毛と見えない髪の毛がある

髪の毛のサイクルをおさらいしてみましょう。頭皮の下の毛母細胞で作られた毛髪はどんどん成長して毛穴から生え、また成長を続けたあとに抜け落ちます。この周期は女性で3年〜6年と言われており、自分でどの部分の髪の毛がどんな成長をしているかは残念ながらわかりません。ダメージ部分の修復や予防のためのトリートメントはするに越したことはないけれど、これから生えてくる髪の毛を健康にする努力も大切なんですよ! と行きつけの美容師さんが教えてくれました。

エイジングのサインは襟足と後頭部

髪の毛にハリやコシが無くなってペタンとする、生え際や分け目が目立って気になる。このようにアラフォーから現れてくるような悩みが、20代や30代にも増えているそうです。ダイエットや偏食による栄養不足が主な原因で、若白髪に悩む人もこれに入るとか。一番早いエイジングのサインは襟足と後頭部のダメージ。本来一番ダメージが少なくてパーマやカラーが入りにくく落ちやすい、この場所に枝毛や切れ毛、髪のもつれなどが見られたら、髪全体が弱っていると考えて早急にケアを始めたほうが良いとのことですよ!

頭皮のためのシャンプー選びは大切

頭皮ケアってマッサージしたりトニックを使ったり、そのくらいしか思いつきませんが……。「シャンプーでも頭皮ケアはできますよ」と美容師さん。実は最近流行のノンシリコンシャンプーやエイジング用シャンプーは良いものもありますが、ノンシリコンを強調しておきながら、指通りを良くするために頭皮には良くない油分が入っていたり、添加物がゴッソリということもあるそうです。成分表示を見ても難しいと思うので、一番は無添加のものを、できるならばアミノ酸などの栄養分が入ったものを選ぶと良いそう。食事によるタンパク質やミネラルの摂取と頭皮への負担を減らしたシャンプーを続けることでエイジングにもかなり効果があるとのこと。

みなさんの襟足や後頭部の髪の毛は元気ですか? 頭皮に気を配ってエイジレスな美髪を目指しましょう。


writer:しゃけごはん