中津からあげバーガー(左)VS釧路ザンタレバーガー

写真拡大

モスバーガーで2015年10月20日、「中津からあげバーガー レモン添え」「釧路ザンタレバーガー 甘酢たれ」の2商品が12月上旬までの期間限定で同時発売された。

大分県中津発祥の「中津からあげ」と、北海道釧路発祥の「ザンタレ」をハンバーガーに仕立てたご当地バーガー。どちらも高い完成度で好評を博しているが、どちらもご当地バーガー、同時に発売、さらに同じくからあげをテーマにしているということで、「ライバル対決」の様相も。果たしてどちらに軍配が上がっているのか?

レモンの中津、甘酢だれの釧路

「中津からあげバーガー」は、「中津からあげ」の特長であるにんにくと生姜をきかせたしょうゆベースのたれに鶏のモモ肉を漬け込んだからあげを3個使用。その上にキャベツの千切りとマヨネーズをのせ、ハンバーガーとしては珍しくレモンのくし切りもあわせてバンズではさんだ。

一方の「釧路ザンタレバーガー」は、ザンギ(鶏のからあげ)に甘酸っぱいたれをかけた、釧路のご当地メニュー「ザンタレ」をハンバーガーに。レタスの上に、しょうゆ、生姜、にんにく、黒こしょうなどで下味をつけた鶏モモ肉(一枚肉)のザンギをのせ、しょうゆと酢をベースにごま油、長ネギを合わせたオリジナルの甘酢たれをオン。さらにその上にキャベツの千切りとマヨネーズをのせバンズではさんだ。

ツイッターでは、どちらの商品にも「ウマい!」の声が相次いでいるのだが、ここではあえて食べ比べてみた人の評価を見てみよう。

まず「中津」派からは、

「最初おいしいと思ったのは北海道のだったけど後半しんどくなった 大分のはレモン入っててあっさりめでしんどくならなかった」
 「私的には、大分県の勝ち!清々しいレモンがいい香り。黄色じゃなくて、グリーンなのがミソなのかな?匂いが違ったよ?さっぱりいただけました。釧路は味が濃かったのよ...」
 「私は中津からあげバーガー派。もう何個目だろう(笑)お肉好きには中津からあげバーガーおすすめします(笑)」

との書き込みが。

「釧路」派も負けてはいない。

「ザンタレの方が美味かった からあげはさっぱりしすぎててパンズに合ってない感じやったな」
 「甘いタレが好きだから、釧路ザンタレバーガーの方が好みかなー♪♪」
 「中津からあげバーガー、美味しかったけど、ハンバーガーとしての完成度は釧路ザンタレバーガーに軍配でしょうか。やはり一枚肉を使って欲しかった」

食べる人の好みによって評価が分かれるだけで、出来は互角のようだ。気になる人は自分でも食べ比べてみるといいかも。

 価格はいずれも380円。