5日、中台分断以来初めてとなる首脳会談を控え、台湾の馬英九総統は台北市内で会見を行い、その目的を「次世代の幸せのため」と発言した。資料写真。Record China

日本政府が恐れる中国と台湾の対日共闘 南シナ海問題で状況変わる可能性

ざっくり言うと

  • 日本政府は、歴史認識などを巡る中台の対日共闘を警戒している
  • さらに台湾が南シナ海での中国の進出に対して発言を控えることも懸念される
  • 各国が中国を止める連携をしてきたが、状況が変わる可能性もあると政府高官

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング