日本代表初出場を狙うFC東京DF丸山祐市とは?

写真拡大

シンガポール、カンボジア戦へ向けた日本代表で唯一フィールドプレイヤーで出場数0の選手がいる。FC東京に所属する丸山祐市だ。

今シーズン開始時点で丸山のJ1出場試合は僅か3、今年は大きな飛躍の年になったことは間違いがない。

丸山は、FC東京公式サイトを通じて以下のように述べている。

「日本代表に選ばれ、大変嬉しく思います。東京の代表として、日本の代表として、自分の長所をしっかりとアピールしながら、アウェイの試合が続き体力的に厳しい試合となるのでチームに貢献できるよう頑張ってきたいと思います。応援よろしくお願いします」

詳しく見て行こう。

大学生でU-22代表

バディSCからFC東京U-15に進んだ少年時代の丸山、國學院久我山高校を経て明治大に進学する。

明治大では大学3年時に関東大学サッカーリーグ1部に優勝、自らもベストイレブンに選ばれた。チームは、全日本大学サッカー選手権大会でも優勝を果たしている。

大学4年時には、ユニバーシアード日本代表、U-22日本代表に選ばれた。

経歴的には順調に見える。しかし、FC東京U-15時代はMFから左サイドバックに、さらに、大学二年生次にセンターバックへとポジションを何度かコンバートされている。

明治大ということもあり長友佑都の後輩にあたる。しかし、長友が(大学で試合に出れない時期から一転して)特別指定選手としてFC東京でチャンスをつかんだのとは対照的に卒業後は一般企業に就職しようと考えていたという。

しかし、志望の企業の内定がとれなかったことから、一転プロ入りという珍しい経歴をたどっている。Jリーグ入りの際にはジェフ千葉、大宮アルディージャ、横浜F・マリノスなども獲得を狙ったというが、世代別の日本代表を経験してきたエリートというには険しい道を歩んできたとも言える。

湘南でブレイク

FC東京に加入した丸山だったが、最初の2シーズンは出場機会が限られていた。2シーズンでJ1出場数は僅かに3、2013シーズンは一度も試合に出場することができなかった。

2014シーズン、丸山は決断することになる。出場機会を模索してJ2の湘南ベルマーレへ期限付き移籍を果たしたのだった。当時、以下のコメントを残している。

「サッカー選手として、最後の勝負の年だという気持ちで来ました。後がないという覚悟で、危機感を持って臨みたい」

丸山は3年目といえど25歳を迎えようとしていた。Jリーガーの平均引退年齢は約26歳であり、大卒で3年やってチャンスを掴めなければ多くは引退していくのが現状だ。

そんな状況で丸山はJ2で40試合以上に出場、リーグ最少失点25、勝ち点101という記録的な強さで優勝を果たす原動力となった。

当然、J1を戦うことになる湘南ベルマーレに残留することがファンから望まれた。しかし、2シーズンを過ごしたFC東京復帰という選択を選んでいる。丸山はFC東京公式サイトでこう声明している。

「年間を通して試合に出られたことでプレー面で成長できたという手応えもありますし、一番は気持ちの面で学ぶことが多く精神面で成長できたと思っています。来季、FC東京で以前とは違う、成長した自分を見ていただけるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

ところが、現実はそう甘くなかった。

FC東京復帰も当初はサブ

FC東京に復帰した丸山だがシーズン開始時の立場は、森重真人、吉本一謙、カニーニらの控え、つまりセンターバックとしては4番手の立ち位置だった。そのために、1stステージでは左サイドバックとして太田宏介が試合に出場できない時に出場するという苦しい状況が続いていた。

2ndステージ、太田の故障により左サイドバックとしてチャンスをつかむと、太田復帰後のベガルタ戦にセンターバックとしてレギュラーを務める。そのまま太田復帰後も左サイドバックではなく同ポジションでフル出場を続けた。レギュラーを獲得して僅か1カ月後の8月31日、槙野智章の負傷により日本代表に追加招集を受けた。驚きのシンデレラストーリーである。

現在のFC東京はJ1で3番目に少ない15失点、1stスタージと通算でも33失点で3番目に少ない。そのチームにあって12試合連続でフル出場を続けている。

DFラインを組むのは森重、太田、徳永悠平らいずれも日本代表経験者たち、丸山は2年連続でリーグ屈指のDF陣の中で一角を担っている。J1のデータスタッツを見る限り、空中戦を始め守備の記録はJ1でも屈指の値となっている。

希少な左利きのセンターバック

丸山の長所は希少な左利きのセンターバックであることがあげられるだろう。前任のハビエル・アギーレも、「左利きのセンターバック探し」を課題としており当時サガン鳥栖で控えだった坂井達弥を試すなど模索していた。

上述の通り、コンバートされてセンターバックにたどり着いた経緯のため、今年のFC東京では左サイドバックも務めており、複数ポジションをこなすユーティリティー性もある。

センターバックとしてはカバーリングの良さ、空中戦の高さを持つ。足元の技術にも長け、湘南ではフリーキックも担当、高品質のフィードを持っており後方からフォワードへ向けて一発でロングパスを通すことも可能だ。

今年9月21日には一般女性との入籍を発表、10月12日には「2015上井草スポーツフェスティバル」でサイン会も開かれた。公私ともにこれまでにない充実した日々を過ごしているようだ。

「練習からチャレンジしていきたい」と語る丸山、まずはA代表での試合出場が目標になる。