マンネリ化防止策!彼が興奮するシチュエーションとは?

写真拡大

セックスのとき、男性がグッとくるシチュエーションってどんなもの? マンネリ化防止のためにもおさえておきたいところ。そこで幸せなラブライフのありかたを提唱するOLIVIAさんに、彼を興奮させるアイデアを教えてもらった。

「一般的に男性が興奮するシチュエーションは、アダルトビデオの題材になっているものです。女医、女教師、女子アナ、キャビンアテンダント、女子高生、…ざっくりまとめると“制服もの”が多い印象です」(同)

面倒くさいとか、気持ち悪い…と感じてしまう女子もいるかもしれないけれど、もちろん常にそうふるまう必要はないそう。いつものセックスが馴れ合いと感じているのなら、1日だけ特別に取り入れてみればOK。

「知的で清楚な制服姿と、脱いだときの乱れ具合の“ギャップ”に男性はグッとくるものです。ただし、コンセプトを伝えず服だけ変えると、彼に伝わりにくい恐れがあるので、“今日のテーマは○○なの”と前もって宣言しましょう」

おすすめは、カッチリしたタイトスカート、白いブラウス、肌色のストッキング、首元を覆うスカーフなどで制服っぽいニュアンスを取り入れてみること。セックス前のデートに工夫をすると、プラスαの効果が。

「図書館や博物館など、“お勉強感”を感じられるスポットでデートをするのが一手。そして知的な雰囲気を印象づけてから、彼の手でその服を脱がしてもらいましょう」(同)

完全に脱いでしまうと普段と変わらなくなってしまうので、ストッキングは片足だけ脱いだり、ブラウスははおっておくなど、露出を意識した状態の“着エロ”を楽しむのがおすすめ。

「制服のなかでも特に、女教師、女医などにグッとくるという彼の場合は、“受け身になりたい”という願望が隠されている場合があります。頼りがいのある女性に甘えたり、リードされることにグッとくるという男性は少なくありません」(同)

制服的な演出をした日は、“先生”になりきって、彼をリードしてみるのも一手とか。そしてふたりで、新鮮なベッドタイムを楽しんで!

OLIVIA
ラブライフアドバイザー。2003年より、「触れ合うことの癒し効果」と「美容と健康」を研究すべく、アロマセラピストとして活動開始。2007年からセックスアドバイザーとして活動開始。2010年よりラブライフアドバイザーに改名。性行為だけでなく、食生活やメンタルケアを含む生活全般の「ラブライフ」の在り方を提唱する。ラブライフを楽しむための講座や、サロンでのアロマトリートメントも行っている。著書『最高に気持ちがいい!感じるセックス、飽きないセックス』(実業之日本社)など。