【肉食女子に朗報】焼き肉につきものの「ニオイ」と「煙」…を人気焼き肉店が “ある工夫” で大幅カット! これならデートでも使えそう!!

写真拡大


「カルビ」に「ハラミ」に「タン」「サーロイン」。ジュ〜ッとしてパクッ。旨みがジュワーっと広がる焼き肉、肉! 肉〜!! もうたまりませ〜んっ。

でもやっぱり気になるのは、あの「におい」と「煙」。服やバッグ、髪などにからみついたら、なかなかとれません。デート帰りに焼き肉臭がただよう女子なんて……あぁぁ。

そんな肉好き女子にオススメしたい、うれしい焼き肉店を見つけちゃいました! 「ある工夫」をすることによって、においと煙の心配がいらなくなったんですって。その気になる工夫とは!?

【「竹網」でにおいと煙の心配不要】

東京・池袋にある焼き肉店「黒毛和牛専門店きんぐ」。A5ランクの黒毛和牛を良心的な価格で出すなど、焼き肉好きの間で評判のお店です。

その池袋「きんぐ」が11月2日から、店内すべてのテーブルの網を若竹を使った「竹網」へと変更。これが、今回注目の工夫なのだそうです。それだけ……? って一瞬思ってしまうけれど、店主がかなり試行錯誤をしてあみだしたというこの竹網には、メリットがいくつもあるみたい!

【肉が焦げない・縮まない】

竹網のメリット・1つ目は「肉が焦げない」。普通の焼き肉だと少し油断すると焦げてしまうことがありますが、竹網ではそんなことはなし。ゆっくりお話していても大丈夫です。

メリット2つ目は「肉が縮まない」。肉を焼くと、どうしても水分が飛んで肉自体が縮んでしまいますが、竹網なら縮むことはなし。しかも中までしっかりと熱が通って、おいしく仕上がるそうです。

【煙とにおいをセーブする若竹の “汗” 】

メリット3つ目は「煙が出にくい」。若竹は熱せられると、内部の水分が浮き出てきて「汗」をかきます。この汗が、炎や煙を抑える機能を果たし、焼肉特有の脂っぽいにおいも抑えてくれるんだそうです。

ちなみに、竹網には京都丹波産の真竹だけを使っていて、ほのかな若竹の香りも楽しめるんだとか。肉質の追求にあきたらず、網まで追求しちゃっているあたりが、人気店たる秘訣なのかもしれません。

ご紹介した「黒毛和牛専門店 きんぐ」は、JR・東京メトロ池袋駅から徒歩2分。「竹の網」を使うからといって追加料金などはありません。「デートに焼き肉はな〜」と思ってた女子も、これなら気軽に彼を誘えそうですよ!
※なお、「きんぐ」という名前のお店はいくつか存在しますが、今回ご紹介したお店は東京・池袋にあります。2015年11月現在、支店などはないということなので、間違えないようにご注意を。

参照元:@Press、黒毛和牛専門店 きんぐ
執筆=シナモン (c)Pouch

画像をもっと見る