ダイエットでお肉を控えている人はもったいない! 焼肉も食べ方を工夫すれば、ダイエットや美容にとても良いんですよ。しかも楽しいし元気も出ませんか? 自分をあげる焼肉の食べ方をご紹介。

まずお肉の健康効果をおさらい

お肉にはダイエットにも美容にも嬉しい栄養素が豊富に含まれています。ダイエットに効果的なのがL-カルチニン。脂肪がエネルギーとして使われるときには、まず細胞内に取り込んでから燃焼が行われます。この細胞内に脂肪を取り込むスイッチをしてくれるのがL-カルチニン。お肉の赤身の部分に多く含まれており、脂肪燃焼効果が期待できます。またビタミンB群も豊富に含まれていて、代謝アップや皮膚のターンオーバーを促進する役割があります。豊富なタンパク質は筋肉や髪の毛、皮膚を作る大切な栄養素ですし、赤身やレバーに多い鉄分は貧血の味方。亜鉛は傷跡の修復をスムーズにする働きがあります。

何肉を食べればよりヘルシーなのか

頼んだほうが良いお肉は、ハラミ(サガリ)、ヒレ、ロース、ミスジ、ランプ、イチボなどの牛赤身肉。脂肪が少なく、L-カルチニンやタンパク質、鉄分が豊富。みんなが大好きなカルビは脂質が多いので、食べても少量にしておきましょう。牛タンも栄養価は高いですがカロリーも高めなので少し控えめに。鶏肉も低カロリー高タンパクでおすすめ。臓物系(レバーやハツ、ミノなど)も低カロリーで鉄分が豊富なので積極的に食べたいですね。

効率的な食べ方ってあるの?

まずは焼き方。余分な脂は落としたいから鉄板よりも断然網焼きがおすすめです。脂を控え目にすることで消化に負担がかからなくなり、胃もたれを予防し、カロリーを抑えることができます。そして一緒にオーダーして欲しいのがキムチ。 キムチに含まれている乳酸菌やカプサイシンが代謝をアップしてくれるので脂肪燃焼効果が期待できます。カプサイシンには食べ過ぎを防止してくれる効果もあるので、一番に食べることでお肉の食べ過ぎを防いでくれますし、大根のキムチであるカクテキは大根に含まれるアミラーゼやプロテアーゼが消化を助けてくれて胃腸の負担を軽減できるので特におすすめです。ごはんはできれば我慢して、サラダとスープをお供にお肉をサンチュに巻いて食べましょう。

この食べ方なら焼肉もダイエット食になっちゃいます。栄養も豊富ですし、焼肉はストレス発散にも。楽しくジュージューしましょう!


writer:しゃけごはん