レグザ最高峰の輝きとコントラストを実現

写真拡大

東芝ライフスタイルは、4K液晶テレビ「4K レグザ(REGZA) Z20Xシリーズ」から、65V型「65Z20X」、58V型「58Z20X」、50V型「50Z20X」3機種を2015年11月上旬に発売する。

最大6チャンネル丸ごと録画「タイムシフトマシン」外付けHDD(別売)で対応

輝度と色域を大幅に向上させた新開発の全面直下LEDバックライトと、外交の拡散反射を低減した新パネルを組み合わせた「レグザパワーディスプレイシステム」を搭載。画像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」による高画質を実現した。LED光量を緻密に調節して引き締まった黒を実現する「エリアコントロール」や「超解像技術」など様々な映像復元技術により、精彩で色彩豊かな映像を再現する。

音質面では、性能を強化した「ラビリンスバスレフ型BOXスピーカー」に加え、ドームツイーターを新搭載した「レグザパワーオーディオシステム」を採用。別売の「レグザサウンドシステム RSS‐AZ55」を接続すれば、本体のドームツイーターと同時に音声を出す「シンクロドライブ方式」により、厚みのある豊かな高音質を楽しめるという。

別売の対応外付けHDD(ハード・ディスク・ドライブ)を接続すれば、最大6チャンネルの地デジ番組を丸ごと録画できる「タイムシフトマシン」に対応する。

価格はいずれもオープン。