美容家・神崎恵の魔法の言葉はなぜ、読むたびに可愛くなれるのか?

写真拡大

 アラフォー世代にとっては比較的知名度が高いであろう、人気美容家の神崎恵さん。出版した書籍も順調に売り上げており、今ノリに乗っている美容家の一人です。

 実は神崎さん自身、3人の子を持つ40代。あの美貌をキープしながら、3人の子どもたちを立派に育て上げているその姿には、同世代から憧れと称賛のまなざしが集まっています。

「年を取ることなんて怖くない」と、世の40代女性たちに知らしめた功績は大きく、実際、子育てがひと段落した主婦たちは、こぞって彼女を真似、美を追求しはじめています。「まだまだ40代はイケる」‥‥昨今のこうした考え方を生みだしたのは、もしかしたら彼女がはじまりかもしれませんね。

 そんな神崎さんが注目されるもう一つの理由は、美容法を伝えているだけではなく、彼女独自の「魔法の言葉」を発信している点。“読むたびに可愛くなれる”と評判のその言葉の数々は、「まずは自分自身が幸せになろう」というスタンスにあふれており、多くの女性達から支持されるのがよくわかります。

 篠原涼子、吉瀬美智子、森高千里、現代は40代でも美しい女性たちで溢れています。また、50代でも今井美樹や萬田久子、賀来千香子など、目指すべき女性は一層増えています。

 そんな時代とマッチしたからこそ、彼女の言葉は今日もどこかで共感され、いまもどこかでシェアされながら広まっていくのではないでしょうか。