故・松来未祐さんの帰り待ち続けたラジオ番組 約13年の歴史に幕

写真拡大

文化放送・超A&G+のラジオ番組『有限会社 チェリーベル』が、11月6日の放送をもって約13年の歴史に幕を閉じた。同日放送の番組内および、番組ホームページなどを通じて発表された。
番組では10月27日に死去した声優の松来未祐さん、櫻井孝宏さん、鈴村健一さんがパーソナリティをつとめてきた。

【関連:声優・松来未祐さん訃報に仲間から追悼 「絶対復活するから!と約束してくれたのに」】

有限会社 チェリーベルHP

松来さんが療養にはいった今年7月からは、「帰ってくる場所を守ることが彼女の励みになることを信じ、番組を継続して参りました」と番組は説明。そんな中での、松来さんの訃報をうけ、関係者・出演者で話を重ねた結果、櫻井孝宏、鈴村健一、松来未祐の3人そろってこその『有限会社チェリーベル』であることを確認し、番組終了という結論に至ったとしている。また番組では今回の突然の終了について、「着地しないコーナー」、「募集したメールが紹介できないこと」についてリスナーに対し深く謝罪している。

『有限会社 チェリーベル』は毎週金曜日23:30〜24:00に放送されていた。リピート放送は土曜日11:30〜12:00と月曜日11:30〜12:00となっている。

※「故・松来未祐さんの帰り待ち続けたラジオ番組 約13年の歴史に幕」はおたくま経済新聞で公開された投稿です