高級和牛がとろけるような味わいの「AKIの韓国すき鍋」(1人前3240円)※2人前より注文可能

写真拡大

赤坂に、レストラン「AKASAKA LA VIE de AKI」(赤坂ラヴィドゥアキ)がオープン。韓国すき鍋をはじめ、比内地鶏の鶏塩鍋などを味わえる。

【写真を見る】プリプリの比内地鶏を使用した「比内地鶏の鶏塩鍋」(1人前3240円) ※2人前より注文可能

■ トッポギなど追加具材も

オススメは、「AKIの韓国すき鍋」(1人前3240円)。高級和牛を秘伝の味噌ダレスープで煮込んだ鍋で、時間が立ち煮詰まっていくほどに濃厚な味わいになる。ピリ辛のスープで煮込まれたロースやホルモン、豆腐などの具材は、卵につけて食べる。

「トッポギ」(648円)などの具材を足せば、より韓国料理らしさも。シメに「おじやセット」(1080円)を頼めば、煮詰まったスープがしみ込んだ、焼き飯風のおじやを楽しめる。

料理長の目利きに適う素材が入らなければ提供をしないという「比内地鶏の鶏塩鍋」(1人前3240円)も見逃せない。農家直送野菜と共に煮込まれた比内地鶏は、自家製の柚子ポン酢ともよく合う。※鍋はいずれも2人前より注文可能

ほか、和牛の「サーロインの石焼ステーキ」(2700円)や、農園野菜の一品と鮮魚の冷菜、鮮魚の温かい料理が味わえる「海鮮おまかせ3品コース」(4320円)なども。

肌寒い季節、シメまでおいしくいただける韓国すき鍋でほっとしよう。【東京ウォーカー】