NY発の最旬“秋冬メイク”が学べる、資生堂のメイクセミナーをレポート!

写真拡大

10月25日(日)に資生堂銀座ビルで開催された、SHISEIDO THE GINZAの特別セミナー「NY発!モードメイクTips 2015AW」にメイク好きのオズモール編集Mが潜入。体験レポートをお届け。

計40名限定の予約枠があっという間に埋まる人気ぶりだったこのセミナー。それもそのはず、毎シーズン「ニューヨークコレクション」で数々のメゾンのメーキャップチーフを務め、モデルから絶大な信頼を得ている、資生堂のトップ ヘア&メーキャップアーティスト岡元 美也子さんが直々にメイクテクを教えてくれるからだ。しかも、リップペンシル(税込2376円の商品)付きで参加費用が3000円というから驚き。メイク好きにはたまらない!
◆この秋すぐに役立つ「2015年秋冬のモードメイク」のトレンド&テクニックを紹介


2015年秋冬のメイクトレンドは、“エフォートレス”。“エフォートレス”とは、肩の力が抜けた、気張り過ぎないリラクシングなテイストのこと。たとえば、こってり深い色を使いがちな秋冬も、サーモンピンクなどあえて春夏のような色使いで“軽やかに仕上げる”ことがポイント。チークは、今までのような頬の上部を中心としたものから頬の中央より下気味に入れることで、無垢な印象をアップ。口もとは、輪郭をぼかしながらマットに仕上げて。
トレンド感が出やすいアイメイクも、この秋冬は“抜け感”が旬。明るめの淡いスモーキーパステルなどでアイホール全体をぼかしながら、眉下や目じりのキワなど骨格のくぼみにラベンダーなどワントーン暗いカラーをオン。まぶたの中央部分を明るく残すことで、軽やかで立体的な目もとが思いのままに。


岡元さんのデモンストレーション後は、さっそく参加者がテクニックを実践。自分に合ったトレンドカラーを選んだり、テクニックを岡元さんに直接相談したり、レッスンは大盛り上がり! 思い思いのトレンドメイクを楽しんだ後は、参加者たちの顔が明るく洗練された印象にチェンジ。参加者からは「トレンドメイクをプロから教わる機会がなかったのでとてもいい経験になった」という声も。そのほかにも、9月のNYコレクションの速報として「2016年春夏の最新メイクトレンド」について岡元さんが自らレクチャー。2016年春夏は、瑞々しいブルーやグリーンを基調にしたメイクがトレンドになるとのこと。こちらも、チャレンジするにはテクニックが必要そうだから、ぜひ次回のセミナーを楽しみにしたい。


今回のイベントを主催した「SHISEIDO THE GINZA」では、岡元さんから1対1で自分に合ったモードメイクをじっくり教わることができるメイクレッスンを月に一度だけ実施している。そのほか、アフター5のお化粧直しに使えるパウダールームや機器で肌測定をしえもらえるラウンジも。コスメを思う存分に楽しめる「SHISEIDO THE GINZA」は、自分に合うスキンケアやメイクを知りたいメイク初心者からメイク好きまで必見のスポット。11月21日(土)には、マキアージュ10周年の女子限定パーティーを開催。11月9日(月)から先着順で申し込めるからこのイベントも要チェック!