日本スポーツ振興センター 3年間で約49億円の不適切な会計処理

ざっくり言うと

  • 会計検査院は日本スポーツ振興センターで不適切な会計処理があったと発表
  • 14年度までの3年間で不適切会計は47の契約、約49億5000万円にのぼるという
  • 理事長の記名がないまま契約書を交わすなどの規則違反が常態化していたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング