玄米と小豆に塩を入れて炊き、3日間置いておくだけの“寝かせ玄米”が話題です。“酵素玄米”とも言われるほど酵素がたっぷりで美容にいいのはもちろん、玄米の栄養価はそのままというスグレモノ。モチモチの食感なので、玄米独特のニオイやパサパサ感が苦手という方でも続けられますよ。

“寝かせ玄米”にはどんな健康効果があるの?

白米は精製する過程でぬかの部分は取り去ってしまいます。酵素はぬかの部分に多く含まれているので、これはもったいない食べ方なのです。でも、ただの玄米はちょっと食べにくいという方も多いものです。玄米を炊いた後、3日間置いておく“寝かせ玄米”は酵素の働きでタンパク質が分解され、モチモチ感がアップするのです。さらにすごいのは、放置している間に酵素の働きで、アミノ酸の一種のGABAが増えること。GABAは抑制系の神経伝達物質として働く成分で、イライラを鎮めリラックスする効果があるだけでなく、中性脂肪を減少させ血圧を下げる効果もあるのです。

小豆と一緒に炊く“寝かせ玄米”のさらなる効果は?

もともと玄米は白米の6倍もの食物繊維が含まれている整腸作用に優れた食品です。“寝かせ玄米”にすることで、大量の酵素を体に取り込むことができるので、さらなるデトックス効果が期待できます。玄米と一緒に炊く小豆もデトックス効果の高い食材です。また、小豆には抗酸化力が高いポリフェノールが多く含まれているため、アンチエイジング効果も期待できます。美容意識の高い女性なら、絶対に食べたいですね!

簡単! “寝かせ玄米”の作り方

【材料】

玄米:2合

小豆:20g

塩:小さじ3分の2

以上の食材を炊飯器に入れ、「玄米モード」で炊きます。炊き上がったら軽く混ぜ、そのまま3日間、保温したまま置いて1日1回かき混ぜます。だんだん色が変わって3日目頃から濃い色の“寝かせ玄米”になったら食べ時です。一週間程度は持ちますが、3日〜5日で食べきってしまいましょう。

“寝かせ玄米”なら、毎日自然に酵素を体内に取り込むことができるので、新陳代謝が活発になるのはもちろん、免疫力がアップするので風邪やインフルエンザにかかりにくい体に変身することもできます。簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね。


writer:岩田かほり