<WGC-HSBCチャンピオンズ 2日目◇6日◇シャーシャンインターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
 上海にあるシャーシャンインターナショナルGCを舞台に開催されている「WGC-HSBCチャンピオンズ」。初日に3度の池ポチャなどで54位タイと出遅れた松山英樹だったが、2日目も“2度のダブルボギー”を喫するなど停滞し、トータルイーブン・53位タイと浮上はならなかった。
【関連】松山、岩田、小平の活躍を写真で!『HSBC』フォトギャラリー
 スタートホールの1番でボギー発進とすると、続く2番パー5ではダブルボギー。立ち上がりで一気にスコアを落とす展開となると、5番で初バーディを奪うも、後半に入って迎えた13番で再びの“+2”。トータル3オーバーまで転落してしまう。
 だが直後の14番パー5で1つ奪い返すと、16番、18番でもバーディ奪取に成功。終盤に巻き返しを見せ、“乱調の2日間”をトータルイーブンで収めることができた。
 先週のマレーシア開催の「CIMBクラシック」で5位タイに入り、今大会での活躍に期待がかかっていたが、現時点で首位のケビン・キスナー(米国)とは14打差。今大会は足の負傷もあり、満足に調整できない状態で試合を迎えただけに、精彩を欠く2日間となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
WGC-HSBCチャンピオンズ リーダボード
松山英樹、池ポチャ連発で54位タイ…「出そうな感じはあった」
前年覇者バッバ・ワトソンが明かした意外な趣味とは?
世界ランク3位のマキロイが“食中毒”でプロアマ戦を欠場
飛ばし屋も「イメージ変わった」松山英樹もテストしたゼクシオ使用者急増中