ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の悩みの大きさがうかがえる選手選考だった。

 11月5日、W杯アジア2次予選(11月12日vsシンガポール、11月17日vsカンボジア)に向けての日本代表メンバーが発表された。

 ハリルホジッチ監督が就任して以来、日本代表のメンバー発表はGKから順に、監督自らがひとりひとり名前を読み上げ、それぞれの選手について(多少の差こそあれ)選考の理由や期待する点などについて説明するのが恒例となっている。

 この日もまた、ハリルホジッチ監督はいつものように饒舌(じょうぜつ)に話していたが、DF酒井宏樹(ハノーファー/ドイツ)のところでこう付け加えた。

「今回初めて、右サイド(バック)はひとりしか選んでいない」

 これまでハリルホジッチ監督が選ぶ日本代表メンバーは、フィールドプレーヤーに関しては各ポジションふたりずつを基本とした20人が選ばれてきた。つまり、DF8人、MF6人、FW6人がポジション別の基本的な配分だった。

 ところが、今回は「(従来どおりの)8人ではなく、7人のDFを選んだ。その分、FWを7人選んでいる」とハリルホジッチ監督は語る。

 言うまでもなく、得点力不足に悩む日本代表にとって、救世主たりうるFW探しは緊急課題である。実際、ハリルホジッチ監督は以前のメンバー発表の際に、「もっと有能なFWが必要だ」と話している。指揮官にしてみれば、問題解決のためには限られた機会でひとりでも多くのFWを見たいというところだろう。

 そして今回、本田圭佑(ミラン/イタリア)、岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)ら、お馴染みのメンバーとともに名を連ねたのが、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)と金崎夢生(鹿島アントラーズ)。南野はA代表デビューを果たした先月に続いての選出、金崎はハリルホジッチ監督になってからは初めての選出となった。

 興味深いのは、いずれの選手も「ゴリゴリの点取り屋」ではないということだ。

 南野は現在、オーストリア・リーグで得点を積み重ねているが、セレッソ大阪時代は主に左サイドMFを務めていたことでもわかるように、ドリブルの突破力があってチャンスメイクにも長(た)けたタイプ。金崎にしても、現在は鹿島アントラーズで1トップを務めるなど最前線でプレーしているが、元来は攻撃の組み立てに優れたテクニシャンである。大きく括(くく)れば、ふたりともが「MFもこなせるタイプ」のFWなのだ。

 得点力をもっと高めたいと考えるならば、もっと直接的に「ゴリゴリの点取り屋」を取り込むのもひとつの手だろう。

 ハリルホジッチ監督自身、「真ん中(ゴール前)に少しパワーが足りない。センタリングを有効に活用できる選手を探していた」と話しているように、それなりの回数のチャンスは作れている日本代表にとっては、フィニッシュを決めてくれる選手を呼んでくるのが手っ取り早い。例えば今回、代表招集が噂されていたハーフナー・マイク(ADOデン・ハーグ/オランダ)などはそうした選手のひとりだ。

 しかし、足もとの技術や俊敏性といった面で難のあるハーフナーを起用した場合、チーム全体の機能性が落ちてしまう可能性がある。それによってボールがスムーズに動かなくなり、チャンスの回数が減ってしまったのでは本末転倒だ。

 もちろん、バイエルン・ミュンヘンのFWロベルト・レバンドフスキ(ポーランド代表)のような、ときにはサイドに流れて攻撃の起点を作り、それでいてゴール前では確実に決定的な仕事ができるFWでもいれば言うことなしだが、そんな人材を日本で探すのは不可能に近い。

 だとすれば、日本では「ゴリゴリの点取り屋」よりも、「MFもこなせるテクニシャンタイプ」のFWのほうが人材豊富である以上、後者を有効活用しようとするほうが得策であるのは間違いない。

「現代サッカーで点を取るのはFWだけではない。左サイドバックがセンタリングを上げて、右サイドバックが決めることもある」

 ハリルホジッチ監督がそう語っているように、それは現代サッカーのトレンドに沿ったものであるとも言える。結局、ひとりの点取り屋に期待するというよりは、あくまでもチーム全体のパフォーマンスを高めることが決定力アップにつながるということだろう。

 とはいえ、どんなにチーム全体の機能性が高まり、決定機の数が増えたところで、それを決められなければ、むしろフラストレーションはたまるばかり。誰かがチャンスを仕留めてくれてこそ、事態は好転し始める。当然、南野や金崎には、そのきっかけになることが求められる。特に本田や岡崎、あるいは宇佐美貴史(ガンバ大阪)の調子が上がっていない現在、ふたりにかかる期待は大きい。

 得点力を高めるべく、DFを削ってまでFWの数を増やす"パワープレー"に打って出たハリルホジッチ監督。新たな一手は実を結ぶのだろうか。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki