ネガティブも相手のせいも全部NG! 幸せな恋愛を引き寄せる方法

写真拡大

 恋愛につきものの嫉妬心や不安心。メールしても彼から返信がない、SNSで女友だちと楽しそうに会話しているところを目撃すると、一気に心の中がもやもやする…そんな悩みを抱えている人は少なくないはず。
 でも、そういった気持ちをダイレクトに彼にぶつけると、嫌われてしまうかもしれません。

 「引き寄せの法則」を実践するカリスマブロガーの奥平亜美衣さんの著書『宇宙から突然、最高のパートナーが放り込まれる法則』(すばる舎/刊)は、最高のパートナーと出会い、必ず幸せになるための方法を伝授してくれます。
 恋愛は人間同士でするものですから、楽しいことがある反面、気持ちのすれ違いがあったり、傷ついてしまうことがあったりすることもあります。そんなときにどう対処すれば、幸せな恋愛をすることができるのでしょうか。

■大事にされないのは誰のせい?
 例えば彼の仕事が忙しくて、約束をすっぽかされたとき、あなたはどうしますか? 「あなたは非常識よ!」と言って責めてしまうかもしれません。でも、怒りをぶつけても、相手が約束を守ってくれるのは一時的なもの。それで二人の関係が改善することはそうないでしょう。
 こういったとき、奥平さんは相手のせいにせず、二人の関係から良い面だけを抜き出して幸せだなという気持ちに浸るようにすることをアドバイスします。人は無理に変えようとしても変わりません。変えようとしなくなると、変わるのです。それは自分次第で現実はいかようにも変わるということ。嫌な気持ちを改善できるのは自分自身しかいないのです。

■また裏切られるのではと不安になって…
 突然、昔あった嫌な出来事を思い出してしまい、不安や嫌悪感などがあふれ出てしまう。前に付き合っていた彼にひどいことをされ、それがフラッシュバックしてしまい、今の彼に迷惑をかけてしまった。そんなことはないでしょうか。
 もしこうしたことが起きてしまう場合も、自分の考え方を少しずつ変えていく必要があります。例えば、前の彼との別れは、つらかったことでしょう。でも、「あの別れがあったから今のパートナーと出会えている」という見方もできるのです。
 一番大切なのは、今、自分自身を幸せにすること。それができたら、過去の嫌なことは気にならなくなるはずです。

■自分だけを見ていてほしい…
 恋愛でつらいのが「パートナーが自分以外の異性と仲良くすること」。そこで嫉妬に取り憑かれると、彼のせいにしてしまいがちですが、本来はあなたの心の状態の問題です。心が変わらない限り、どんな人と付き合っても結婚しても同じでしょう。
 大切なことは、「私を見てくれている」という証拠を探すこと。嫉妬の根底にあるものは「自分のことだけを見てほしい」という相手に対する欲求です。だから、「どんなに忙しくても一週間に一回は会ってくれる」「会っているときは、私のことだけをちゃんと見ていてくれる」など彼が自分を見てくれているということを感じましょう。
 奥平さんは嫉妬も執着も自分で減らしていけるといいます。何事も考え方で変わるのです。

 本書は、奥平さんにとって初めての引き寄せの法則を使った恋愛論です。その神髄は「現状のいいところを見つけ、そこを幸せに感じること」。
 本書では、出会い探しから、気になる人と身近になり、付き合いはじめ、そして愛を育てて、良い関係を築き上げていくまでの「幸せの引き寄せ方」を紹介していますが、その考え方は自分も、そして相手も幸せになるためにとても重要であるはずです。

 幸せを感じている人のところに、幸せはやってきます。今、悩んでいたり、苦しんでいたりする女性の方は、「本当に求めていた愛」を引き寄せられるはずですよ。
(新刊JP編集部)