人気マンガ「猫よん。」実写化、チンとクロが“歌手”デビューも。

写真拡大

実話を基にした、猫好きの、猫好きによる、猫好きのための人気コミック「猫なんかよんでもこない。」(通称:猫よん。)。その実写映画化作品が、2016年1月30日より全国公開される。それに先駆け、本物の猫たち総勢56匹で結成された気ままなグループ“にゃあにゃあず”に、本作から2匹の猫・チンとクロも参加することが決定した。

本作は主演に風間俊介、ヒロインに松岡茉優、さらにはつるの剛士、市川実和子らを迎え、“猫好き”山本透監督がメガホンを執った作品。不器用な男・ミツオと、愛猫チンとクロとの日常をとぼけたセリフと柔らかなタッチで描いた、すべての猫好きが胸キュンすること間違いなしの実写映画だ。

そしてこのたび、配信シングルでデビューが決まっている、自由気ままな猫のグループ“にゃあにゃあず”にチンとクロが参加。オリジナルの一曲「ニャンダフル・ワールド」を歌い上げる。

なお、「ニャンダフル・ワールド」は世界に向けても発信。北米3か国を除く251の国と地域で配信される。