「恐竜博2016」国立科学博物館で開催 - 史上最大の肉食恐竜スピノサウルス、驚きの生態を解明する

写真拡大

「恐竜博2016」が2016年3月8日(火)から6月12日(日)までの間、東京・上野の国立科学博物館で開催される。

[ この記事の画像をもっと見る ]

いつの時代も子どもから大人まで幅広い世代を魅了しつづける恐竜。中には、その正体がはっきりしないものもいる。史上最大の肉食恐竜と呼ばれるスピノサウルスは、1912年にドイツの発掘隊に発見されるも、第二次世界大戦での焼失により長い間謎に包まれてきた。これまでに二足歩行で立ち上がると考えられてきたが、2014年には四足歩行で水中に潜んでいたのではないか…という斬新な仮説が発表。

今回、最前線での研究を活かし、スピノサウルスの復元骨格が日本初公開。水中に潜んでいたという最新研究をもとに、驚きの生態を解き明かす。また、イタリアのミラノ市立自然史博物館に所蔵されている、スピノサウルスの吻部(口先)の実物化石も特別展示。他の肉食恐竜とは大きく異なる歯や細長い口などを間近で見ることができる。

また、カナダで発表されたティラノサウルス「スコッティ」の全長約12mにも及ぶ全身復刻骨格も披露。同種の中でも最大級の大きさを持つ「スコッティ」と、全長約15mのスピノサウルスによる夢の共演が実現し、両者の進化の秘密について迫る。

会場には、世界でまだ1体ずつしか発見されていないパラサウロロフスとカスモサウルスの赤ちゃん化石の全身骨格も初来日。中でも、パラサウロロフスの子ども発見は、謎のひとつである“鳴き声”の研究に大きな影響を与えたもの。恐竜の成長や恐竜同士のコミュニケーションなどの研究結果についても紹介する。

さらに、展覧会限定ムービーを大型スクリーンで上映。現代の街に、CGで再現したスピノサウルスが現れたところをイメージした迫力満点の映像を届ける。

【イベント詳細】
恐竜博2016
開催期間:2016年3月8日(火)〜6月12日(日)
時間:9:00〜17:00(金曜日は20:00まで)
会場:国立科学博物館 特別展示室
住所:東京都台東区上野公園7-20
休館日:毎週月曜日
※月曜日が祝日の場合は火曜日。
※3月28日は開館。
※開館時間と休館日は変更になる可能性あり。
※チケット料金などは公式ホームページにて随時更新。