▽Jリーグは6日、明治安田生命Jリーグにおける10月の「コカ・コーラ月間MVP」の受賞者を発表した。J1部門は横浜FMのMF中村俊輔(37)、J2部門では磐田のFWジェイ(33)が受賞を果たしている。

▽Jリーグ公式サイトでは、受賞した2選手について選考委員会による総評を紹介している。

◆MF中村俊輔(横浜FM)

「10月に開催された全3試合に出場し1得点をマークしチームの3連勝に大きく貢献した。 2ndステージ第13節(vs仙台)でのフリーキックからのゴールはもちろんのこと、アシストや巧みなゲームコントロールも中村選手の特徴がよく出ていた。試合中の走行距離もチーム内1位であることからコンディションの良さがうかがえる。また中村選手からアデミウソン選手へのパス交換数が18本(リーグ内1位)となるなど、アデミウソン選手との連係も素晴らしくどちらが受賞してもおかしくなかったが、攻守の要としてチームを牽引する圧倒的な存在感から今回の選出となった」

◆FWジェイ(磐田)

「10月に開催された全4試合に出場し3得点2アシストでチームの3勝1分けに貢献した。 8月度の月間MVP選出時と同様、明治安田生命J2リーグでは圧倒的な高さを生かした攻撃で優勝争いを続ける磐田の攻撃陣を引っ張る。8月に得点ランキング1位に躍り出てからもコンスタントに得点を重ね、11月6日現在2位に4点差をつけて独走している」