写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東陽テクニカは11月5日、「マルチファクター&2経路認証ソリューション」を2016年1月より販売すると発表した。同ソリューションは、スウェーデンのKeypascoが提供する認証ソリューションで、両社は日本国内の国内総代理店契約を締結した。

「マルチファクター&2経路認証ソリューション」は、ワンタイム・パスワードやハードウェア・トークンに代わり、ネットバンキング利用者の利便性・安全性と、銀行側の運用コスト低減の課題解決を目指したもの。Vaktenクライアント・ソフトウェアとBorgenサーバ・ソフトウェアの2つのコンポーネントで構成される。

ユーザーIDとパスワードは、ユーザーのモバイル端末においてのみ機能することを前提に設計されている。「ユーザー固有認証情報(個人情報は含まない)」「ユーザー端末デバイス認証」「近距離通信端末」「地理的位置情報」「リスクマネジメント解析」という5つの認証要素を利用し、ユーザーの端末からしか認証ができない環境を実現したという。

従来の認証方式は、利用者と銀行(銀行が保有するサーバ)間の認証経路(第一認証経路)のみだが、「マルチファクター&2経路認証ソリューション」は、利用者とKeypascoサーバ間の認証経路(第二認証経路)を設ける。これにより、第一認証経路でセキュリティの脅威があった場合も、第二認証経路によって安全性を担保する。

標準価格は、サブスクリプション方式の場合、1ライセンス当たり600円/年(税別)。